テックキャンプ(旧テックエキスパート)の料金は約60万円!50,000円の割引情報あり

テックキャンプ(旧テックエキスパート)エンジニア転職の料金は、10週間の短期集中コースは598,000円(税別)、6ヶ月の夜間・休日コースは798,000円(税別)です。

ポテパンキャンプというプログラミングスクールの選抜クラス250,000円(税抜)と比べると高額です。

一方、DIVE INTO CODEやDMM WEBCAMと比べると、ほぼ同程度の料金です。

  • DIVE INTO CODE:588,910円(税別)(※Webエンジニアコース就職達成プログラム 入学金含む)
  • DMM WEBCAMP :628,000円(税別)

本記事では、受講料金が65,000円もお得になる紹介割引をご紹介します。

割引適用は予告なく終了する場合がございます予めご了承ください。

約60万円の料金支払いは、分割支払いと紹介割引が有効

料金は分割支払いが可能

テックキャンプ(旧テックエキスパート)エンジニア転職では、料金の分割払いが可能です。

分割払いを使うと毎月30,000円〜40,000円ほどの支払いで受講できるので、貯金があまりなく、今すぐ一括払いが難しい方は、分割支払いを活用しましょう。

分割支払いの料金まとめ

受講コース 分割支払い 一括支払い
短期集中スタイル 月30,000円〜(税込) : 分割24回 598,000円(税抜)
夜間・休日スタイル 月40,000円〜(税込) : 分割24回 798,000円(税抜)

65,000円お得な紹介者割引を受ける方法

筆者の紹介割引を利用すると、最大65,000円お得に受講することが可能です。

紹介割引は無料カウンセリング時に適用する必要があります。

無料カウンセリング時に適用しないと、本受講時に65,000円お得になる権利を得られないので、注意してください。

割引適用は予告なく終了する場合がございます予めご了承ください。

途中退会や転職失敗の場合は、全額返金保証あり

最初の14日間は無条件で、全額返金保証

テックキャンプ(旧テックエキスパート)エンジニア転職は、受講開始後の14日間は途中退会しても、無条件で受講料を全額返金してくれます。

最初の14日間全力で頑張ってみて、どうしても難しそうな場合は、全額返金保証を使って退会することを検討しましょう。

逆に「本当にエンジニアとしてやっていけそうかな..」と心配に思っている人は、全額返金保証の対象となる、最初の14日間を活用して受講してみるのが有効です。

転職失敗の場合の返金保証あり

カリキュラムの学習をやり抜き、転職活動を行ったにもかかわらず、エンジニア転職できなかった場合は、受講料を全額返金してくれます。

年齢は関係なく、30代の方であっても転職に失敗した場合は、受講時の条件を満たせば、受講料を全額返金してもらえます。

                 ※全額返金保証付き※

テックキャンプ(旧テックエキスパート)エンジニア転職以外のスクールに通った場合の料金比較

他の有料スクールに通った場合の料金

スクール 受講料金 学習期間
TECH::EXPERT 598,000円(税別)
短期集中スタイル
2.5ヶ月
DMM WEBCAMP 628,000円(税別)
転職コース(通常講座)
3ヶ月
DIVE INTO CODE 588,910円(税別)
就職達成プログラム
4ヶ月間
ポテパンキャンプ 300,000円(税別)
選抜クラスビギナーコース
4ヶ月
CodeCampGATE 478,000円(税別)
CodeCampGATE
4ヶ月

DMM WEBCAMPとDIVE INTO CODEは、テックキャンプ(旧テックエキスパート)エンジニア転職と同程度の料金です。

一方、ポテパンキャンプやCodeCampGATEと比較すると、テックキャンプ(旧テックエキスパート)はやや高い料金設定です。

専門学校に通った場合の料金は約200万円〜300万円

スクール 受講料金 学習期間
大阪情報コンピュータ専門学校 1980,000円 (教材費別)
情報処理IT系 テクニカルコース
2年
HAL東京 専門学校 3,006,000円 (入学金含む)
IT学部 情報処理/WEB学科
2年

専門学校に通った場合は、2年間で約200万円〜300万円程度の費用 がかかります。

海外では3ヶ月の料金が200万円のスクールも

スクール 受講料金 学習期間
General Assembly 約150万円 3ヶ月
AppAcademy 約300万円 3ヶ月
Hack Reactor 約300万円 3ヶ月

海外の転職型プログラミングスクールは、3ヶ月で200万円というスクールも珍しくありません。

海外では、エンジニアの年収が高く、スクール卒業後にGoogleやMicrosoftなどの有名企業に就職すると、年収1,000万円を軽く超えます。

日本だけでなく、海外でもエンジニアの需要が高まっているということを表しています。

エンジニア転職1年で、年収70~100万円アップの実績あり

f:id:h2meo:20200104212152p:plain
年収70万円〜100万円アップの実績あり

引用:TECH::EXPERT 転職コース

エンジニア転職すればスクール受講料は十分回収できる

テックキャンプ(旧テックエキスパート)エンジニア転職の受講料金で、約60万円〜80万円支払っても、転職1年で年収アップして回収できる可能性が十分あります。

実際に、テックキャンプ(旧テックエキスパート)の卒業生で、転職1年で70万〜100万円年収アップする実績が出ています。

たった1年で会社でこれほど年収アップするのは容易ではありませんが、会社の仕事以外に、エンジニアの開発案件の副業を行うことで、大幅に年収をアップさせやすいのもエンジニアの魅力です。

どこの会社もエンジニア不足のため、副業で週1~2回の稼働で、本業以外に月10万〜20万円の報酬を得ることができるチャンスがあります。

副業や転職によって、1年で大幅に年収をアップできるので、スクールの受講料金を回収することも難しくありません。

2030年にはIT人材が約59万人不足【経済産業省データ】

f:id:h2meo:20200104212340p:plain
2030年にはIT人材が約59万人不足するという予測データ【経済産業省データ】

引用:経済産業省| IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

経済産業省の調査結果によると、2030年までに、IT人材が約59万人不足するという結果が出ています。

上記のデータから、IT人材のニーズが、今後更に伸びていくことは確実です。

現代において、インターネットを介さないサービスは少なく、どのような業界でもインターネットのシステムによってサービスが展開されています。

これからあらゆる業界で、ネットサービスの開発ができるエンジニアが引っ張りだこになることは容易に想像されます。

テックキャンプ(旧テックエキスパート)受講生の満足の声・口コミ

過去2回ほど値上げされたので、更に料金が値上げの可能性も

テックキャンプ(旧テックエキスパート)エンジニア転職の料金は、2018年に1回、2019年に1回、合計2回値上げされています。

人気のスクールで受講生も増えており、カリキュラムの質や受講生の質の担保のために、今後、更に値上げされる可能性があります。

今のところ次の値上げ情報は出ていないので、テックキャンプ(旧テックエキスパート)を検討される方は値上げされる前の受講をオススメします。

割引適用は予告なく終了する場合がございます予めご了承ください。