未経験エンジニアの道しるべ

新聞配達アルバイトの借金生活から2ヶ月で上場企業へエンジニア転職した元営業マン

【挫折注意】テックエキスパートで挫折・失敗する人の3つの特徴

f:id:h2meo:20200103133729j:plain

テックエキスパート(TECH::EXPERT)で挫折・失敗する人は「 事前学習せずにスクール受講を開始する」という共通点があり、受講前の段階で挫折・失敗することが決まっている場合が多い です。

また「スクールに通いさえすれば、エンジニアに転職できる」と考えている方も、挫折・失敗する可能性が高いです。

これまでプログラミングの勉強にお金を費やしてきたのに、学習が続かず挫折してきた人は、テックエキスパートで挫折しないように、事前に対策しておきましょう。

※割引適用は予告なく終了する場合があります。予めご了承ください。

テックエキスパートで挫折・失敗する人の3つの特徴

事前学習せずに、スクール受講を開始する人は挫折しやすい

事前学習をせずに、テックエキスパートの受講を開始する人は、挫折する可能性が高いです。

なぜなら、エンジニア未経験の人にとって、テックエキスパートの学習量は膨大で、短期間で学習を消化できない可能性があるからです。

特に、最初の2週間で学ぶ基礎カリキュラムの学習量が多く、全くの0の状態から2週間で学習するには、毎日14時間くらいは勉強する必要があります。

テックエキスパート受講前に、Progateなどで自分で独学していた人であっても、最初の2週間の学習量は容易ではないので、事前学習を全くせずにテックエキスパートの受講を開始すると、挫折・失敗する可能性が高まります。

テックエキスパートの受講生の声

スクールに通えば「エンジニア転職できる」と思っている人は挫折しやすい

スクールにさえ通えば、未経験からエンジニア転職できると思っている人も、途中で挫折する可能性が高いです。

なぜなら、テックエキスパートを受講したら、簡単にエンジニアに転職できるわけではないからです。

テックエキスパートは、あくまで、未経験からエンジニア転職するための、手段・ツールに過ぎません。

これを認識せず、受動的に受講してしまうと、エンジニア転職は上手くいかないでしょう。

一方で、テックエキスパートには、短期間で未経験からエンジニア転職できる学習カリキュラム・教室・サポート体制が充実していることは間違いありません。

充実したスクールの学習環境を生かし、「テックエキスパートを上手く活用する」という意識で、前のめりに学習していく姿勢がないと、未経験からのエンジニア転職を成功させるのは難しいです。

色々な言語や教材に手を出しすぎる人は挫折しやすい

スクール受講中に、色々な言語の勉強や、書籍などの有料教材に手を出しすぎる人は、スクールを受講しても挫折しやすいです。

なぜなら、スクールだけでも学習量が膨大にあるのに、スクール以外で習う言語や教材に手を出していると、何も身につかなくなってしまうからです。

スクールの学習内容は、未経験からエンジニアになれるのに十分な実力が身につく内容になっています。

他の言語や教材に手を出していると「勉強しているはずなのに、結局何も身についていない」という状態に陥りやすいので、スクール受講中は、スクールで指定された学習カリキュラムだけに全力を注ぎましょう。

挫折・失敗した受講生の口コミ

テックエキスパートで挫折・失敗しないための心構え

f:id:h2meo:20200103133820j:plain

最初は分からなくても、あまり気にしない

受講し始めた頃は、分からないことだらけですが、あまり気にしなくて大丈夫です。

3回、4回と繰り返し学習していくうちに、徐々に理解が深まってきます。

1回の学習で完全に理解しようとせず、繰り返し学習することを前提に、まずは1通り学習してみることが大事です。

辛いのはみんな一緒、と理解する

テックエキスパートの勉強は、短期間で膨大な学習量をこなすため、最初はハードで非常に辛いです。

ただ、辛いのはあなただけではなく、受講生みんな同じです。

そして、テックエキスパートの卒業生はみんな、この苦しい期間を乗り越えて、未経験からのエンジニア転職に成功しています。

学習がハードで辛いのは、健全な状態です。

この辛い期間の先には「未経験からエンジニアに転職」という目標が近づいているので、辛さに負けず、過度に悩み過ぎないで、淡々と繰り返し学習を続けましょう。

テックエキスパートで挫折・失敗しないための対策

f:id:h2meo:20200103133848j:plain

事前学習を入念に行う

テックエキスパートで挫折しないために最も重要なことは、事前学習を全力で行うことです。

テックエキスパートは、受講開始の2週間前に、実際に利用する学習カリキュラムが、オンラインで公開されます。

f:id:h2meo:20200103133941p:plain
テックエキスパートの学習カリキュラム

この学習カリキュラムが公開されたら、すぐに全力で事前学習を開始しましょう。

事前学習を十分に行わなかったことを後悔し、途中で挫折して辞めてしまった受講生も少なくありません。

挫折しないように、事前学習は、必ず入念に行っておきましょう。

事前学習の具体的な方法は、下記の記事を参考にしてください。

遠慮なくメンターに質問しまくる

プログラミングの学習で困った時には、遠慮なくメンターに質問しましょう。

自分で10〜15分くらい考えたり、調べたりしても分からない場合は、どんどんメンターに質問することが大事です。

「こんなことも分からないと思われたら恥ずかしい..」と思っている時間が無駄です。 1人で悩んでいても、急に理解できるようになることはありません。

時には、「分からないことが、何かが分からない..」という状態に陥ることもありますが、そんな時も「◯◯で困っていて、次に何をすべきか全く分かりません」と正直に質問しましょう。

分からないことが明確な場合は、メンターに質問する際に、下記について整理して質問すると、明確な回答を得られやすいので意識してみてください。

メンターへの質問で整理すべきポイント

  • 分からないことは何か
  • 自分でネットで調べてみたことは何か
  • 自分で調べて試した結果はどうだったか

メンターに関する受講生の口コミ

困った時に、何でも話せる学習仲間を作る

何でも気軽に話せる学習仲間を作ると、気持ちが楽になり、学習で挫折しにくくなります。

メンターには少し質問しづらいような簡単な内容や、どうしても困って前に進めない時に、気軽に話せる学習仲間がいると、非常に心強いです。

学習仲間の人も、同じ内容で困っていたら悩みを共感できます。

また、学習仲間が過去に同じ内容で悩んでいたら、解決策のヒントを教えてもらえることもあります。

テックエキスパートでは、入学時期が一緒の受講生は、同期として一緒に学習する仕組みなので、同期に相談することで仲間作りのキッカケになります。

最初から同期と仲良くしておくと、悩みや困っていることを共有しながら、お互いに切磋琢磨できる貴重な存在になるでしょう。

初めの2週間で挫折したら、辞めるのも賢い選択

f:id:h2meo:20200103134028j:plain

エンジニアに向いていない、と判断することも大切

「そもそもエンジニアに向いていない」と感じたら、途中で辞めることも、賢い意思決定です。

全員にとってエンジニアになることが正解ではありませんし、エンジニアになったからといって、その後の人生が保証されている訳ではありません。

エンジニアは、転職した後も、継続して学習を続ける必要があるので「どうしても自分にはエンジニアが向いていない」「学習を続けられない」と感じた場合には、スクールを途中退会することも検討しましょう。

最初の2週間なら、無条件で全額返金

テックエキスパートは、最初の2週間までに途中退会する場合は、無条件で受講料を全額返金してくれます。

最初の2週間全力で頑張ってみて、どうしても難しそうな場合は、全額返金保証を使って退会することを検討しましょう。

逆に「本当にエンジニアとしてやっていけそうかな..」と心配に思っている人は、全額返金保証の対象となる、最初の2週間を活用して受講してみるのが有効です。

「やらない後悔」が最も後悔しますし、頑張ってやってみてダメなら諦めがつくので、エンジニアに対する未練や後悔が残ることもないでしょう。

テックエキスパートには挫折・失敗しずらい仕組みが整っている

テックエキスパートには、学習で挫折しずらい、下記のような環境が整っています。

  • 挫折しずらい学習カリキュラム
  • いつでも質問できる最高の環境
  • 一緒に学習できる仲間の存在

挫折しずらい学習カリキュラム

テックエキスパートは、過去の受講生の声をもとに、カリキュラムの分かりにく箇所を、何百回、何千回と改善し続けてきています。

難しい内容は、受講生の質問を先回りして解説してくれているほど、懇切丁寧なカリキュラムなので、最初はカリキュラム通りに進めていけば、大きく挫折することは、ほとんどありません。

過去累計1万人以上が受講してきた学習カリキュラムは、受講生が躓きやすいポイントを全て把握した上で、今も日々改善されているので、挫折しずらいのも納得できます。

いつでも質問できる最高の環境

メンターには、いつでも質問し放題です。 質問の回数に制限はありません。

プログラミング未経験で、分からないことだらけの人にとって、いつでも気軽に、何でも質問できる環境は本当に貴重で、プログラミングの学習効率を何倍にも高めることができます。

自分1人で悩んでいると「1日経っても解決しない」ということも珍しくありませんが、「質問したら1分で解決した」ということも多いです。

もちろん質問者が多い時には、少しメンターの回答を待つことはありますが、全く質問できないような状況はありません。

質問し放題の環境を存分に活用することができれば、テックエキスパートで挫折することは、まずなくなるでしょう。

教室で一緒に学習できる仲間の存在

テックエキスパートのハードな学習の中で、精神的な支えとなるのが、一緒に学習する仲間の存在です。

プログラミング学習を継続させるためには、時に助け合い、切磋琢磨し合える仲間がいるこ とが必要不可と言えます。

教室で一緒に学習できる仲間がいると「〇〇さんに負けたくない」「同期の〇〇さんにバカにされたくない」という、良い意味での強制力が働き、挫折しずらくなるからです。

学習を継続させる良い強制力を得られる環境が、テックエキスパートの教室にはあるので、どんなに辛くても、教室に通って学習を続けることで、数ヶ月後にはプログラミングが少しづつ分かるようになっています。

これらの環境をフルに活用できれば挫折することはありません。

万が一、挫折してしまった時には、2週間は無条件で適用される全額の返金保証を活用できるので安心です。

※割引適用は予告なく終了する場合があります。予めご了承ください。