未経験エンジニアの道しるべ

新聞配達アルバイトの借金生活から2ヶ月で上場企業へエンジニア転職した元営業マン

借金80万円あった僕が、有料のエンジニア転職向けスクールを受講した3つの方法【不正なし】

f:id:h2meo:20190609171448j:plain

 

こんにちは、あだちマン(@h2tomohiroo)です。

僕はスクールに通って完全未経験から、上場企業にエンジニア転職しましたが、 スクールに通っていた当初は貯金がほとんどなく、むしろ消費者金融から80万円ほどの借金がありました。

それでもどうしてもエンジニアに転職したかったので、なんとかお金を工面したり、あの手この手で有料スクールの受講まで漕ぎつけることができました。

未経験からエンジニア転職を目指す方の中には、過去の自分のようにお金に困っていて、スクールを受講したくてもできずに悩んでいる方もいると思うので、そうした方向けに、お金がほとんどなくても、優良な有料スクールを受講する方法をご紹介します。

お金がなくても有料スクールを受講する方法

①分割支払いを利用

有料スクールの多くは分割支払いを用意しています。

最近では、TEHC::EXPERTやDMM WEBCAMP PROなど、分割支払いで受講できるスクールが増えています。

受講料を一括で払ってしまうと高額ですが、上手く分割払いを使うと月々30,000円ほどで受講ができます。

もちろん受講料が安くなることはありませんし、むしろ手数料がかかってしまうので、支払いには注意が必要ですが、 毎月、ある程度の収入の見込みがもしあるのであれば、分割払いを上手く利用して受講するのは良いと思います。

実際に僕は失業保険を受給しながら分割払いで受講していました。 借金していて一括支払いできるほどお金がなく、分割払いがなかったらスクールを受講できておらず、エンジニア転職もできていなかったと思うので、非常に助かりました。

②スクールの後払い制度を利用する

分割支払いするのも難しい方は、受講料を後払い制度も利用することができます。

TEHC::EXPERTでは、世帯年収300万円以下の方、もしくは仕事を辞めて3ヶ月以上経過している方を対象に、 エンジニア転職に成功して就職後に、スクールの全額受講料を後払いにしてもらえる制度があります。

受講料後払い制度を利用するには選考はありますが、選考に通れば、貯金が全くない方でも、スクールの定める条件通りに学習して就職を成功させれば、 最初に受講料を払う必要はなく、思いっきり学習に専念することができます。

自分はTEHC::EXPERTを受講して、未経験から上場企業にエンジニア転職しましたが、自分が受講時にこの制度はなかったので、 お金に困っている方でこれからスクール受講を検討している方が、とても羨ましいです。

自分が昔の自分に戻ったら、間違いなく利用する制度です。

③紹介者割引でお得に受講する

一部のスクールでは、紹介者割引を受けることで受講料を安くすることができます。

DMM WEBCAMP PROでは、受講生から紹介を受けると5,000円のAmazonギフト券、TECH::EXPERTでは、現金30,000円の割引を受けることができます。

紹介を受けずに受講すると、これらの割引を受けることはできないので、単純に損してしまいます。

これから受講を検討している方は、できればどなたかの紹介を受けて受講を検討すると、よりお得に受講できます。

ちなみに、TECH::EXPERTの受講に興味がある方は、僕の紹介で、無料カウンセリング申し込み時に、紹介者欄に「f119a3」と紹介コードを入力するだけで、 本受講時に現金3万円の割引を受けることができます。

これはカウンセリング申し込み時に入力しないと適用されませんが、無料カウンセリングに参加して「なんか違ったな」と思ったら特に受講する必要はありません。 本当にTECH::EXPERTが良いと思った場合だけ受講すれば良いですし、無料カウンセリングなので、何も損はないので、少しでも受講を検討している方は、 自分の紹介コード「f119a3」を適用して無料カウンセリングに参加することをオススメします。

自分も受講時に知り合いの紹介で紹介割引を受けさせてもらって、本当に助かりました..

失業保険を受給しよう

会社を辞めてから一定期間以上、就職していない方は、失業保険を受けられる権利がある可能性があるので、対象者の方は受給しましょう。

転職活動の結果が散々だった自分は、前職を辞めてから3ヶ月以上ニート状態だったので、スクールを受講していた時は、失業保険を受給していました。

もし、この失業保険がなかったら、僕は生活できておらず、エンジニア転職はもちろん、スクールに通うことができていませんでした。

決して恥ずかしいと思わずに、受ける権利のある方は失業保険はしっかり受給しましょう。

無料スクールはオススメできません。

お金がなくてエンジニアを目指す方で、無料のスクールを検討される方がいますが、僕はオススメできません。

全ての無料スクールがダメとは言いませんが、無料スクールの多くは、SESやSlerと言われる業界へ転職する場合がほとんどで、 労働環境的にも、スキルの成長的にも、不遇な企業へ転職するケースが多いです。

「無料で受講して、SESやSlerなどの会社で最初は修行する」と考える方もいるかもしれませんが、遠回りになりますし、 転職先の企業によっては、エンジニアの仕事が楽しいと感じずに、エンジニアを辞めてしまう可能性すらあるので、オススメしません。

少し高くて負担にはなってしまいますが、有料かつ優良なスクールに通うことをオススメします。

お金がないのに、いきなり会社を辞めたら絶対ダメ

未経験からエンジニアを目指すからと言って、貯金もないのにいきなり会社を辞めてスクールに通うことは絶対にやめましょう。

自分は、貯金もなく借金がある状態で会社を辞め、エンジニアとして就職先が見つからずに、半年間を無駄にしてしまったので、かなり後悔しています。

未経験からエンジニアを目指す中で、スクールに通う場合は、ある程度の貯金が必要です。 100万円以上貯金がある方はあまり心配はいらないかもしれませんが、ほとんど貯金がない方は、会社を辞めることを早まらずに、 最低80万円以上は貯金してからスクールに通うことを検討しましょう。

最低80万円以上あれば、会社を辞めてスクールに通っても、シャアハウスで暮らして生活費を抑えるなどすれば、何とかやって行けると思います。

それだけの貯金が貯まるまでは、今の会社で働きつつ、Progateなど、お金をかけずに学習できるコンテンツで学習しておくことをオススメします。

お金がないと、落ち着いてプログラミングの学習に専念できないので早まらずに、着実にお金を貯めることから始めましょう。