未経験エンジニアの道しるべ

新聞配達アルバイトの借金生活から2ヶ月で上場企業へエンジニア転職した元営業マン

未経験からエンジニア転職して2年、未経験からのエンジニア転職についての本音。【TECH::EXPERT卒業後2年】

f:id:h2meo:20190524065418j:plain

 

こんにちは、あだちマン(@h2tomohiroo)です。

TECH::EXPERTを卒業して、未経験から上場企業にエンジニア転職して2年が経過しました。

未経験からエンジニアを志して、実際に転職してエンジニアの現場を経験してみて、 未経験からエンジニア転職について、僕の意見を考えてみました。

これから未経験からエンジニア転職を目指す方で、下記のような方向けに、未経験エンジニアの転職について意見をまとめてみます。

  • 実際に未経験からエンジニア転職してある程度、現場を経験した人の声が聞いてみたい方
  • 実際に未経験からエンジニア転職しても、エンジニアとしてやっていけるのか、気になっている人

適切な環境で適切に努力すれば、普通の人でも未経験からエンジニア転職は可能。

僕はTECH::EXPERTに通って、未経験から上場企業にエンジニア転職に成功しました。

今振り返ると、良いスクールを選び、途中で辞めずに卒業まで頑張れたな、と思います。

毎日スクールに通って、1日10時間ほどは勉強しました。(周りの人はもっと勉強していましたが...)

スクールの同期の数名の方は受講途中で離脱して、エンジニア転職を諦めていた方もいらっしゃいましたが、 自分はどうしてもエンジニアになりたかったので、プログラミングスキルは本当に全くありませんでした、 諦めずに、スクール卒業まで頑張り続けことができました。

人によって差はあれ、適切なプログラミングスクールで、諦めずに適切な努力ができればエンジニア転職は可能だと、今振り返って思います。

独学でエンジニア転職を目指したのは失敗だった

上場企業にエンジニア転職できたものの、実は、スクール受講前に、約半年間、新聞配達のアルバイト生活をしながら、独学でエンジニア転職を目指した時期がありました。

ただ、この独学期間は本当に失敗で、何の成果も得ることができませんでした。

そもそも何を勉強すれば良いか分からないし、プログラミングの勉強を初めてみても質問できる相手もいなかったので、全く開発が進みませんでした。

そして、「果たして独学でこの教材を勉強していて、本当に、未経験からエンジニア転職できるのかな..?」 という不安がいつも頭の中にありました。

独学期間中は、何を、どこまで勉強すべきか、が全く分からなかったので、不安でいっぱいで、 プログラミングの独学の成果も全くでなかったので、就職活動は全く上手くいきませんでした。

TECH::EXPERTを受講してなければエンジニア転職できていなかった

今振り返ってもこれだけは確実に言えるのは、あの時ずっと独学を続けてしまっていて、TECH::EXPERT受講を決断していなかったら、 間違いなくエンジニア転職できていなかったと思います。

TECH::EXPERTはカリキュラムはもちろん素晴らしいのですが、自分の場合は、下記の2点が非常に大きかったです。

  • ①強制的に毎日10時間も勉強する環境を得られたこと
  • ②TECH::EXPERT経由で、未経験からでは普通は選考も受けさせてもらえないような企業の選考を受けることができたこと

あまりお金がない中、決して受講料が安くないスクール受講を決断したな、と今振り返っても思いますが、 あの時のあの決断がなかったら、今の僕はいないので、大変でしたが、良い決断だったと思っています。

未経験エンジニアは、就職・インターン・アルバイトを一旦の目標とすべき

これから未経験からエンジニア転職を目指す方に伝えたいのは、エンジニアを仕事にしていきたいのであれば、 「プログラミングの勉強」を目的にするのではなく、出来るだけ早く「現場の実務経験が積める環境に身を置くべき」ということです。

教材やスクールで学ぶのも大事ですが、ある程度一通り基礎を勉強したら早く現場に出て開発経験を積んだ方が、間違いなく成長できると断言できます。

最初から良い企業に入れたらそれに越したことはないですが、全員がそういうわけにはいかないです。

自分は運よく上場企業に入れましたが、上場企業に入れる人はかなり稀だと思います。

それよりも最初は現場の経験を十分に積めるか、実力をつけることができるそうか、という視点で、バリバリ案件をこなせそうな環境に、 早く身を置くべきです。

僕がやっていたような独学の無駄な半年間のように、勉強を続けるのではなく、アルバイトやインターンでも良いので、現場の仕事ができる環境に早く身をおくべきだと思います。

そこで実力をつければ、1~2年単位で別の会社に行くことはそこまで難しいことではなくなっているはずです。

プログラミングの勉強やポートフォリオを作ることを目標にしないで、早くコードを書くエンジニアとしての経験を積める会社で働きましょう。

30歳以上でも未経験からエンジニア転職できるが、決断は慎重に。

最近特に、30代の方からの未経験からのエンジニア転職の相談が増えてきました。 僕はそうした方々が増えてきているのが嬉しく、とても応援しています。

ただ、20代の若い方に比べると、企業側から年齢をハンデとしてみられるケースが少なくないことは覚悟をしてのぞんで頂きたいな、と思っています。 企業側は、未経験者を育てる、という観点で採用するケースがほとんどなので、スクールでも30歳未満の人しか受け入れないスクールが多いのが実情です。

そして、30歳以上の年齢であっても、未経験者として採用されることに変わりはないので、よほどWEB関連の仕事やWEBディレクター経験などがない限り、 年収は300万円台になる可能性が高いです。

最初の1~2年は、年収が300万円台や高くて400万円前半ほどの給料になることを覚悟してでも、未経験からエンジニアになりたい方は全く問題ないので、是非エンジニアを目指して頂きたいです。

スクールと実際の現場の開発にはギャップがあった

スクールに通っても、現場の即戦力になれる人は少ないです。 僕は、面接でハッタリをかまして(嘘はついてないですw)入社できたのですが、最初の1年目はほとんど現場の役に立つことができず、お荷物状態でした。 まだまだ基礎基本が分かっていないまま入社してしまい、現場の開発についていけず、苦しみました。

スクール卒業生の上位の優秀な方々は、現場で少ししたら自走できる方も多いと思いますが、僕の場合は全くダメで、先輩エンジニアの方におんぶに抱っこの状態でした。

少しマシになってきたのは2年目くらいからで、それでもまだまだ先輩エンジニアに追いつくには、ほど遠いな、という感じでした。

スクールで学ぶ内容は、どれも重要な内容ばかりですが、当然ながら現場ではスクールで学ばないことばかりなので、スクールで学ぶことと、開発の現場ではギャップはありますし、当然のことだと思います。

スクールで学ぶ内容は、スタートラインにたてる段階の内容なので、しっかりマスターしてください。

エンジニアとして戦力になるには、就職後も地道な勉強が必要。

未経験エンジニアを目指す方からすると、未経験からエンジニアとして、企業に転職できたら「やった!」という喜びに浸りますが、 現場に入って開発をし始めると「エンジニアってこんなに大変なのか、ずっと勉強しないといけないな..」ということに気が付くことになります。

僕がエンジニアとして働きはじめて入って一番感じたのは、「エンジニアは勉強すべきことがあり過ぎる」ということです。

エンジニアは本当に学ぶべきことがあり過ぎます。(これは現場に入ったら実感すると思います。)

そして、先輩エンジニアが皆、それらのことを勉強してきたと考えると、先輩エンジニアの方々を心の底から尊敬します。

活躍している先輩エンジニアの方は、遊ぶようにコードを書いていたり、休日も趣味でコードを書いている人が珍しくないです。

エンジニアになって活躍する、ということは、毎日ずっと地道な努力が必要です。

未経験者が実務経験を積む環境に身を置くための時短ツールとして、スクールは有用。

未経験からエンジニアを目指す方で、独学でエンジニア転職ができる方も一定数いらっしゃいますが、 独学で転職できるような方であっても、下記の2つの理由から、僕はスクールをオススメします。

  • ①現場経験を積めるまでの期間を短縮できる
  • ②独学で就活するよりも、より良い条件や環境の企業にいける可能性が高まる

「どうしても金銭的にスクールを受講できなくて、、」という方を除いて、優秀な方であればあるほど、スクールを有効活用した方が、 転職までの期間を短縮して、自分の行きたい企業にいける可能性を高められると思います。

エンジニアとしての良いスタートラインに立つための”ショートカット”を利用する、というようなイメージでスクールを使ってほしいと思います。

スクール費用は高いが、本気で未経験からエンジニア転職目指すなら十分価値アリ。

スクールはお金がかかります。最近は、エンジニア転職を目指すコースの多くが30~60万円と高額な受講料になってきています。 正直、高いです。

僕も、未経験からエンジニアを目指した過去に戻っても、高額な受講料を前に少し受講を躊躇してしまうと思います。

ただ、自分の場合は、間違いなくあのまま独学していたのでは、エンジニア転職できていなかったと断言できます。

強制的な環境を手に入れ、実績豊富なカリキュラムで学ぶことは、数十万円と高額ではありますが、僕は価値があったな、と今振り返ってみて感じます。

昔の僕が独学で中途半端にダラダラと勉強してしまってエンジニア転職に時間がかかってしまうくらいなら、多少高額なお金を払ってでも早くエンジニアとして現場で働けるようになる方が何倍も価値があります。 現場に入れない期間が長ければ長いほど、成長スピードが遅くなってしまうので、そちらの方が機会損失になってしまうと僕は考えます。

正直、優秀な人はスクールに通わなくても就職できると思いますが、早く良い環境でエンジニアとして経験を積むために、スクールに投資することは賢い選択だと思います。

TECH::EXPERT 総額6万円分お得に受講する方法!

f:id:h2meo:20190213080045p:plain

もし、少しでもTECH::EXPERTを検討しているのであれば、一度無料カウンセリングに参加してみてください。

下記の方法で無料カウンセリングに参加すれば、僕の紹介で本受講になった場合に、現金3万円の割引適用を受けることができるので、是非有効活用してくださいね。

適用しておかないと、逆に3万円損してしまうので、是非有効活用してくださいね。

また、TECH::EXPERTを受講した感想記事を書いて応募頂いた方には、総額3万円分のAmazonギフト券をプレゼントいたします。 是非ご応募ください。