未経験エンジニアの道しるべ

新聞配達アルバイトの借金生活から2ヶ月で上場企業へエンジニア転職した元営業マン

TECH::EXPERTの学習カリキュラム内容を詳しく解説します!

f:id:h2meo:20190101230140p:plain

 

こんにちは、あだちマン(@h2tomohiroo)です。

今日は、TECH::EXPERTの学習カリキュラムがどのような内容なのか、TECH::EXPERT卒業生の僕が詳細にご紹介します。

TECH::EXPERTのカリキュラムは、受講生の声をもとに、何百回と改善を繰り返され、数多くのエンジニアを輩出してきた非常に質の高い教材です。

僕が今振り返ってみても、このカリキュラムをやりきれば、未経験からでもエンジニア転職できるだけの基礎・基盤ができると断言できます

TECH::EXPERTの受講を検討していて、どんな内容を学ぶのか気になる方は是非参考にしてみてください。

【1週目〜2週目】HTML,CSS,Ruby,Ruby on Railsの基礎を学ぶ

f:id:h2meo:20190101230604p:plain

基礎カリキュラムの内容
  1. Rubyの基礎
  2. HTML,CSSの基礎を学ぶ
  3. Ruby on Railsの基礎

①Rubyの基礎

まず初めは、プログラミング言語のRubyの基礎を学びます。

簡易なアプリケーションを作成しながら、Rubyの文法の基礎を学んでいきます。

下記のように実際にコードを書きながら、Rubyを身に着けていきます。

最初は難しく感じますが、何回も繰り返し学習していくとだんだんと分かるようになってきます。

僕は最初はチンプンカンプンでしたが、2回、3回と繰り返しているうちに理解できるようになりました。

f:id:h2meo:20190101221450p:plain

難しい箇所は動画でも解説してくれるので安心

f:id:h2meo:20190101221425p:plain

②HTML,CSSを学ぶ

Rubyを学んだ後は、HTMLとCSSを学びます。

実際に下記のようなサイトを自分で作成しながら、HTMLとCSSを身に着けていきます。 f:id:h2meo:20190101221646p:plain

③Railsの基礎〜簡易的な写真投稿アプリを作成〜

いよいよRuby on Railsというフレームワークを使って、動くアプリケーションを作成していきます。

Pictweetという、Instagramのように写真を投稿できる簡易投稿アプリを作成しながら、Railsを理解していきます

基本的には、学習カリキュラムの指示通りに進めていけば、アプリが完成されるように作られています。

図を使った分かりやすい解説

f:id:h2meo:20190101215801p:plain

何百回も改善された丁寧な教材で、躓くことも少ない

f:id:h2meo:20190101215806p:plain

実際に作成すると下記のような簡易アプリができあがります。

①会員登録

f:id:h2meo:20190101215116p:plain

②画像を登録

f:id:h2meo:20190101215128p:plain

③投稿一覧画面に画像が表示される

f:id:h2meo:20190101215142p:plain

ここまで作成できれば、一通りのWebアプリケーションの作成の基礎を学ぶことができたことになります。

もちろん一度で全てを身につけることは難しいので、1〜2週間の間で、何回も繰り返し学習していくことになります。

3週目〜7週目 Chat-spaceを開発

f:id:h2meo:20190101222152p:plain 1~2週目の基礎カリキュラムが終わると、いよいよ応用カリキュラムに進みます。

応用カリキュラムは後半に進むほど難易度が上がっていきます。

ただ、この応用カリキュラムをやりきることができれば、実際の現場に入っても、十分戦力としてやっていけるレベルの内容が学べるカリキュラムになっています

今振り返っても、よくできた学習教材だな、と感じます。

応用カリキュラムの学習カリキュラムの一覧

f:id:h2meo:20190101223723p:plain f:id:h2meo:20190101223729p:plain f:id:h2meo:20190101223737p:plain

応用カリキュラムでChat-spaceという、グループチャットアプリを作成することになります。

作成すると下記のようなアプリが完成します。

ここまでできれば、エンジニアとして、かなりの実力がついているでしょう

①会員登録

f:id:h2meo:20190101223229p:plain

②チャットするグループの設定

f:id:h2meo:20190101223241p:plain

③グループでのチャット

f:id:h2meo:20190101223258p:plain

Chat-spaceの開発からは、メンターさんによるコードレビューが始まります。

課題が終わったら提出して、コードが正しく書けるかどうか、細かくチェックしてくれます。

懇切丁寧にコードレビューしてくれるので安心

f:id:h2meo:20190103005338p:plain

8週目〜10週目 オリジナルサービス開発

f:id:h2meo:20190101224331p:plain

応用カリキュラムが終わると、オリジナルサービス開発に入ります。

オリジナルサービスといっても、特定のWebサービスを真似たサービスを作成します。

AirbnbやCookpad、Pairsなど、自分の興味のある有名Webサービスの機能を調べて、3~4つほどの機能を実装します

自分で0から考えて、実装に落とし込む必要があるので、決して簡単ではありませんが、この開発を通じて本物の実力をつけることができます。

ここまでやれば自分のポートフォリオが作成できたことになるので、未経験であっても、非常に多くの企業の選考に応募できるようになります。

【番外編】就職活動のカリキュラムも充実

f:id:h2meo:20190101224000p:plain

学習カリキュラムの中には、プログラミングの教材だけでなく、就職活動に関するカリキュラムもあります。

僕は学習の間に読んでいましたが、本質的で就職活動に非常に役立つ考え方が学べます。

非常に良コンテンツだったので、今でもその存在をよく覚えています。

受講される場合は是非読んでみてください。

未経験からでも十分エンジニア転職できる質の高いカリキュラム

ご紹介したとおり、TECH::EXPERTのカリキュラムはかなり質が高いです。

繰り返しになりますが、このカリキュラムをやり抜けば、ほぼ間違いなく、未経験からエンジニア転職できると断言できます

「このカリキュラムさえやれば、未経験でもエンジニア転職できる!」という安心感が大きいです。

独学だと色々な教材に手を出してしまい、何をどこまで勉強すれば分かりませんが、TECH::EXPERTに通えば、そういった心配が一切なくなります。

これはスクールに通う、大きなメリットです。

ただ、決して簡単なカリキュラムではないです。 実際に途中で脱落して、退会される方もいらっしゃいます。

自分が本当にやっていけそうかどうか、まずは無料カウンセリングに参加して、自分が本当にやっていけそうか確認してみてください。

TECH::EXPERT 総額6万円分お得に受講する方法!

f:id:h2meo:20190213080045p:plain

もし、少しでもTECH::EXPERTを検討しているのであれば、一度無料カウンセリングに参加してみてください。

下記の方法で無料カウンセリングに参加すれば、僕の紹介で本受講になった場合に現金3万円の割引適用を受けることができるので、是非有効活用してくださいね。

適用しておかないと、逆に3万円損してしまうので、是非有効活用してくださいね。

また、TECH::EXPERTを受講した感想記事を書いて応募頂いた方には、総額3万円分のAmazonギフト券をプレゼントいたします。 是非ご応募ください。