未経験エンジニアの道しるべ

新聞配達アルバイトの借金生活から2ヶ月で上場企業へエンジニア転職した元営業マン

未経験エンジニア1年目で勉強すべきオススメのRuby/Ruby on Rails書籍まとめ

f:id:h2meo:20181118170335p:plain

 

こんにちは、あだちマン(@h2tomohiroo)です。

スクール卒業後の1年目に僕は、何をどのくらい勉強すべきなのか分からず迷走しました。

何を勉強すべきか分からない状態で書籍を買ってみるものの、最後まで続かずに、挫折しまくり、後悔しかありません。

僕みたいに迷走する人が1人でも減ってほしいので「RubyやRailsなら、1年目で勉強しておけば大丈夫!」という書籍をご紹介します

Ruby編

Rubyに関しては、下記の2つの書籍を一通り学習して、リファレンス的に読み返す状態にしておくと良いかと思います。

プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで

Rubyの書籍としては、もはや王道の書籍となりつつあるのがこちらの書籍です。

スクールではそこまで突っ込んで勉強しないような細かい内容まで解説されていて、スクール卒業後に学習するにはもってこいです。

完全な初心者を対象としているのではなく、あくまで初心者を卒業してプロを目指す人を対象にしているのが、この書籍の魅力だと思います。

なんとなく使っていた文法を改めて体系立てて学べるので、非常に良書です。

メタプログラミングRuby

こちらの「メタプログラミングRuby」は、先ほどの「プロを目指す人のためのRuby」よりも難易度はかなり上がりますが、先輩のRubyエンジニアの方に聞くと、大体オススメするのがこちらの書籍です。

僕も入社半年後くらいから読み出しだしたが、なかなか進まずで今もなお読み直している状況です。

ただ、逆に言うと、先輩エンジニアは誰もが通ってきている書籍の1つのようなので、時間をかけながらじっくり学んでいく書籍の1つとして読み込みたい本です。

Ruby on Rails編

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

最近出版されたRailsの書籍です。

Railsの受託開発会社として有名な株式会社万葉の大場さんが監修されています。

少し前に購入して読みましたが、これを入社前に一通り学習しておけば、楽だっただろうな、と強く感じる内容でした。

意外にRailsの最新バージョンの書籍は多くないので、かなり重宝しそうです。

Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門

この教材は、Rubyの書籍で紹介した「プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで」の著者の伊藤さんが日本語に翻訳してネットで販売している教材です。

スクールでは、そこまで深くテストコードを書く機会も多くないと思うので、Rspecも一通り、体系的に学んでおくことをオススメします。

僕ももっと早い段階でテストコードの書き方を深く学んでおくべきだったなとかなり後悔しているので、是非早めに取り組んでみてください。

Railsチュートリアル

f:id:h2meo:20181118170430p:plain https://railstutorial.jp/

書籍ではないですが、Ruby on Railsの登竜門的なネット上の学習教材であるRailsチュートリアルもやることがオススメです。

僕がスクール受講前の独学時代にやっていたときには、チンプンカンプンでしたが、スクール卒業後にやると、体系的に知識を得ることができて非常に有用でした。

既に一度学んだことがある人も再度学習してみると、新たな発見や得られることも多いのでオススメです。

1年目のRuby/Railsの学習は上記書籍でOK

1年目は何を目標に勉強したら良いか、本当に悩みます。

ただ、RubyやRailsに関しては、上記で紹介した書籍を一通り学習しておけば、間違いないです

スクール卒業後、できるだけ早いうちにこれらを学んでおけば、実際の業務で躓くこともかなり少なくなると思います。

かなり大変ではありますが、頑張っていきましょう!