27歳未経験でエンジニア転職した元営業マン

アルバイトで半年間をドブに捨てた後、2ヶ月でエンジニア転職した記録

未経験からのエンジニア転職は、年齢が若ければ若いほど有利という事実

f:id:h2meo:20181029204937p:plain

 

こんにちは、あだちマン(@h2tomohiroo)です。

僕がTECH::EXPERTを受講している頃は知らなかったのですが、未経験からエンジニアを目指す場合、同じ20代であっても、20代前半と20代後半では、応募できる企業の数が大きく変わってくるということを複数のプログラミングスクールの方から聞きました。

27~28歳を境に、応募できる企業数が少なくなるのが実情だそうです。

僕は27歳で未経験からエンジニア転職しましたが、あと1,2年遅かったら、今の会社に正社員としてエンジニア転職できていなかった可能性もあったかもしれないと知り、ちょっと怖くなりました

改めて、思い切って早めに会社を辞めて、未経験からエンジニアを目指したのは正解だったな、と感じます。

30代から未経験でエンジニア転職をされた方もいらっしゃいますが、メディアに出てくる実績は、一部の成功例であり、全員が希望の会社に未経験からエンジニア転職できるわけではありません

そしてエンジニア転職を目指すかどうか、グズグズ迷ってしまっていると、年齢がネックで応募できる企業数が減ってしまうことが事実としてあります

年齢によって、そもそも応募できる求人数が異なってくることを十分に理解してからエンジニア転職に臨んでほしいので、今日は未経験からのエンジニア転職における「年齢」の実態についてご紹介します。

年齢別のエンジニア転職の求人の実態(&筆者意見)

20代前半〜25歳の方

     
  • 最も求人数が多い年齢層。
  •  
  • 未経験からのエンジニア転職に有利。
  •  
  • 社会人経験があると評価してもらえやすい。

26歳〜27歳の方

     
  • 求人数が減っていく境目目前の年齢。
  •  
  • 企業への応募時に28歳だと、応募できる求人数が減ってしまう可能性アリ。
  •  
  • エンジニア転職を検討するなら、少し急いだ方が良い。

28歳〜30代の方

     
  • 求人数は若い人に比べて減るのは仕方なし。
  •  
  • それでもエンジニア転職を目指したい情熱があるかどうか。
  •  
  • 年収は下がる可能性大だが、それでも目指したいかは十分に検討すべき。

27歳前後から応募できる求人数が減少する事実

f:id:h2meo:20181029215247j:plain WebCampProとGeekJobsのカウンセラーの方に実際に聞いたのですが、27〜28歳を境に応募できる企業数が減ってくるようです。

27〜28歳以上だと、20代前半に比べて、応募できる企業数が、2/3〜半分ほどまで減ってしまうとのことでした。

正直、僕がスクールを受講していたときにはこの事実を知らなかったので、27歳でエンジニア転職できた僕は恵まれていたなと思うと同時に、あの時、会社を辞めていなかったら、手遅れになりかねなかったかもしれないと思いました。

実際は20代後半の方や30代の方でも、未経験からエンジニア転職している方は多くいらっしゃるので、20代後半だからといって未経験からエンジニア転職できないわけでは決してありません。

ただ、27〜28歳を境に、応募できる企業数が減ってくるという事実があることは認識しておいた方が良いと思います。

また、エンジニアカレッジやGeekJobsなどのスクールでは、27歳以上だと、経歴によっては、サーバーサイドエンジニアではなく、インフラエンジニアとしての就職をオススメされたりします。

30歳以上は受講が難しいスクール

ポテパンキャンプ

f:id:h2meo:20181020011308p:plain

対象年齢 未経験者は20代まで・経験者は30代のWEB系経験者のみ

f:id:h2meo:20181029205018p:plain

CodeCampGATE

f:id:h2meo:20181020011845p:plain

対象 30歳未満(社会人経験必須)

f:id:h2meo:20181029205029p:plain

年齢制限がない優良スクール。30代もOK。

スクールの多くは、年齢制限があるので、30代の方は自然と選べるスクールが少なくなってくるのが現状です。

そんな中でも、年齢制限が特になく、30代以上であっても受け入れてくれるスクールで僕がオススメするのがTECH::EXPERTとDIVE INTO CODEです。

TECH::EXPERT

f:id:h2meo:20181020011015p:plain

TECH::EXPERTは年齢制限がなく、30代でも受講することができるスクールです

事前の選考によっては、就職保証の制度を受けることはできない可能性がありますが、就職保証の制度がなくても、受講生が受けられる授業は同じです。

決められている学習進捗をクリアできれば、就職コースと同じ就職支援サポートを受けることができます。

TECH::EXPERTは年齢制限なし

f:id:h2meo:20181029205048p:plain

DIVE INTO CODE

f:id:h2meo:20181020011059p:plain

DIVE INTO CODEは、スクールには珍しく、エージェント業を行っていません。

多くのスクールが年齢制限があるのは、企業への紹介を行うエージェント業をスクール業とセットとしているため発生するのですが、DIVE INTO CODEはエージェント業を行っていないので、年齢制限がありません

実際にDIVE INTO CODEの受講生の多くが20代後半〜30代の方です

実際の企業への応募は自分で行う必要がありますが、応募するまでの書類対策や面接対策はスクールがサポートしてくれるので安心です。

DIVE INTO CODEも年齢制限なし

f:id:h2meo:20181029210309p:plain


【まとめ】未経験者のエンジニア転職は、早いにこしたことはない

30代の方の転職実績も珍しくなくなってきましたが、やはり未経験からエンジニア転職を目指すなら、年齢は若い方が有利なのが実情です。

繰り返しになりますが、27~28歳を境に、応募できる企業数が大幅に変わってくるという事実があることを十分に理解した上で、未経験からエンジニアを目指すかどうかをよく検討してみてほしいと思います。

年齢が20代後半以上の方で、「応募できる企業数が少なくなるのか。。」と不安に感じてエンジニア転職への想いが少し揺らいだ方は、ちょっと考え直した方が良いかもしれません。

逆にこれらの事実を聞いても「それでもエンジニアを目指したい、転職したい!」と思えた方は是非その熱い想いを忘れずにエンジニア転職に臨んで下さい!

逆に20代前半の若い方で、エンジニア転職を迷っている方は、できるだけ早くエンジニア転職を目指しましょう!年齢が高くなればなるほど、若い人よりも少し不利になるので。

おすすめ記事一覧!