27歳未経験でエンジニア転職した元営業マン

アルバイトで半年間をドブに捨てた後、2ヶ月でエンジニア転職した記録

【絶対ダメ!】僕が犯した誤ったプログラミング勉強法・悪手4選!

f:id:h2meo:20181021134538p:plain

 

こんにちは、あだちマン(@h2tomohiroo)です。

僕はTECH::EXPERTを受講する前は、完全に間違った勉強の仕方をしていました。

今振り返ると、間違ったプログラミングの勉強のお手本のような、本当にダメダメな勉強の仕方をしていました

そして、それがしばらく染み付いてしまっていたために、半年間何の成果も得られず、プログラミングの上達の速度がかなり遅かったな、と後悔しています

これから紹介するような勉強方法を続けていると、未経験からエンジニア転職どころではなく、勉強した気になっているだけで、無駄に時間だけ過ぎて、何も身についていないことにもなりかねません。

僕を反面教師にして、絶対に真似しないようにしてください。

僕が犯した誤ったプログラミング勉強法・悪手4選!

     
  • 様々な言語に手を出す
  •  
  • 自分でコードを書かないでコピペばかりする
  •  
  • エラーメッセージを読まないでコードばかり読む
  •  
  • 自分で考えないですぐに"答え"を聞こうとする

✗①様々な言語に手を出す

僕はスクールに通う前、Swift、Ruby、など複数言語に手を出して勉強して、何も身につかない期間が長く続きました。

「俺は未経験なのに、Swiftを独学で学んでる!すごいだろ!(ドヤ)」という状態で、よく理解しないまま学習だけ進めていました。

ただ、独学ではなかなか理解は難しく、何も成果を得られなかったので、「swiftはダメだったけど、Rubyならいけるはず...!時代はRubyだ!」と言って、Swiffか らRubyに乗り換えました。

そのRubyも知識が身につかずに終わったことは言うまでもありません。

初心者がエンジニアを目指す場合、複数のサーバーサイド言語に手を出すことは、本当にオススメしません。(※HTM/CSS/Javascriptは必ずやりましょう!)

RubyならRuby,PHPと決めたらPHPをトコトンまでやるようにしてください

僕はどの言語にすべきか分からずに、浮気ばかりして、半年間を無駄にしたので注意しましょう。

✗②自分でコードを書かないでコピペばかりする

Progate等で初めて学習する教材の、最初の1周はよく分からないことだらけなので、コピペで進めても仕方ありません。

ただ、2周目からはなるべくコピペしないで、自分で書いて理解しながら進めましょう。

コードの意味を多少なりとも理解した上でコピペするのならまだ良いのですが、何も分からずにコピペしたコードで動いて「やった!できた!」と言っていたのでは、プログラミングが上達していることにはなりません。

僕は、コピペばかりして勉強した気になっただけで、何も身につけられていませんでした。

未経験からエンジニア転職を目指すなら、コピペをずっと続けるのは卒業しましょう

✗③エラーメッセージを読まないでコードばかり読む

初心者にとって、エラーは恐いです。

そもそも何が書いてあるかが分からないので、読もうとさえできない、という気持ちもよく分かります。

でも、断言します。そのエラーを読めるようにならないと、プログラミングが上達することはまずあり得ません。

ちょっとキツイことを言いましたが、安心してください、僕なんか、エラーが出たら、エラーなど読まずに、真っ先に自分が書いたコードを読んでいました。 エラー文に答えやヒントが書いているのに、恐いので読んでいなかったんです。

初心者時代のエラーが発生した時の僕

  • コード書いて動かす   
  • エラーが出る   
  • エディタのコードを読む   
  • 「何が間違ってるんだ、くそ!」   
  • とりあえずエラー文をコピペしてググる←ここでエラーを読んでいない
  • 出てきたサイトを上から順で試す。(※もちろんコピペ)
  • エラーは変わらず
  • 「何がだめやねん!!(怒)」

今なら声を大にして言いたい。「まずはエラーコードを読もう」と。

エラー文の意味が最初は分からないのですが、エラー文の何が分からないのか、を1つ1つ紐解いてみましょう。

まずはエラー文が何と言っているか、を理解しましょう。

それを続けていれば、だんだんとエラー文が読めるようになって、自分で解決できることは少しずつ増えてきます。

最初は本当に辛いですが、少しずつ、分かることを増やしていきましょう。

✗④自分で考えないですぐに"答え"を聞こうとする

自分の頭で考えないで、とりあえず動くようにするための解決は意味がありません。

なぜ、動いたのか、なぜエラーなのか、を自分で納得感をもって開発を進めるようにしてください。

僕はスクールを受講している時に、すぐに講師の人に質問ばかりしていました。

質問すること自体は良いことなのですが、「なぜかエラーになりました!分かりません!エラーを直すための、答えを教えてください!」という状態でした。

全く自分の頭で考えようとしていませんでした。

自分の頭で考えるための”知識”が圧倒的に不足していたのが原因なのですが、それであれば、何が分かっていないのか、をまずは把握して、それを理解するところから進めた上で、その上で分からない点を人に質問すべきだったと思います。

【まとめ】苦しいけど、1つ1つ分かることを増やしていこう!

初心者の頃は本当に分からないことだらけなので、辛いです。よく分かります。

ただ、ちょっとずつでも良いので分かることを増やしていくことを心がけてください。

そのとき、10~15分で良いので、自分の頭で考えて試行錯誤することを大事にしてください

最終的に自分で解決できないのは仕方ないので、人に聞く前に自分でトライしてみて、何をどうトライしてみたのかを メンターさんに伝えた上で、質問してみてください。

そして、「どういう思考でそうしようと思ったんですか?」と聞いてみてください

自分の何が足りなかったのかが分かるので、次に同じようなケースに遭遇したときに非常に役立つと思います。

絶対挫折しない、初心者向けのオススメ教材

僕は最終的にTECH::EXPERTを受講してエンジニア転職できましたが、そこに至るまで、Progateやudemyなどの勉強でも何度も挫折し、苦労しまく、半年間プログラミングを勉強していたのに、何の成果も得られませんでした。

そんな過去の自分に超絶オススメしたい教材があります

フリーエンジニアの迫さんが提供しているBlogHacksです。

僕も実際に動画を受けてみたのですが、「自分が初心者のときにこれがあればどんなに楽だっただろう...」「これがあれば、無駄な半年間を過ごさないでよかっただろうな、もっと早くほしかった...!」という感想しかありません。

skillhacks

今、プログラミングを勉強していて一度は挫折してしまったような方でも、この教材で学習すれば挫折することはまずないでしょう。

この教材でプログラミング学習が挫折するようでしたら、もしかしたらプログラミングやエンジニア自体が自分に合っていない可能性もあるので、諦めるのも1つの選択肢かなと思います

今プログラミングの勉強で困っている方に心からオススメします。