27歳未経験でエンジニア転職した元営業マン

アルバイトで半年間をドブに捨てた後、2ヶ月でエンジニア転職した記録

【体験談】TECH BOOSTの無料カウンセリング行ったけど、微妙だと感じた話

f:id:h2meo:20180915224243p:plain

 

こんにちは、あだちマンです。

僕はTECH::EXPERTを受講して、未経験からエンジニア転職しました。業務では主にRailsを扱っているのですが、昨今、AIやブロックチェーンが注目されていることもあり、他の技術も学んでみたいないと感じて、AIやブロックチェーンの技術を学べるスクールを探していました。

そんな中、TECH BOOSTの無料説明会に参加してきて、AIやブロックチェーンのコースを含めて、TECH BOOSTのカリキュラム自体の説明を聞いてきたのですが、TECH::EXPERTを受講した自分的には、TECH BOOSTのカリキュラムやスクール自体が少し微妙だなと感じてしまったので、そのことについてご紹介したいと思います。

まずはRubyかPHPから言語を選択

TECH BOOSTでは、まずは主要な言語を選択する方針になっているようです。RubyまたはPHPから学ぶ言語を選ぶことができ、その人の志向や目的に合わせて言語を選択するようです。最近のプログラミングスクールの多くは、メインで学ぶ言語が決まっているので、自分でRubyかPHPを選べるスクールはかなり珍しいと思います。それらの言語を一通り学んだ後は、受講生の希望に応じて、Jqueryコース、AIコース、ブロックチェーンコースを学習していく構成になっているようです。

受講開始前に何ヶ月受講するかを決定

TECH BOOSTの受講期間は受講生に合わせて、受講開始前に決定します。受講期間は最低3ヶ月〜で、3ヶ月以下の受講は受けてつけていないそうです。 受講料金は、月額 100,000円(税抜)/社会人、月額 70,000円(税抜)/ 学生 なので、社会人だと最低月額 300,000円(税抜)〜、学生だと最低月額 210,000円(税抜)〜となります。最初のカウンセリング時に、受講生に合わせて受講するコースと受講期間を決定します。期間の延長も可能ですが、例えば初めに4ヶ月と期間を決めて受講した場合と、最初は3ヶ月の予定だったけど後で1ヶ月延長した場合では、後者の方が割高になるようなので、受講期間は慎重に決定したい方が良さそうです。受講期間は延長の場合を除き、途中で変更ができないので注意しましょう。分割払いにも対応しています。

TECH BOOSTの良い点

現役の実務経験のあるエンジニアが教えてくれる

基本的にカリキュラムを読み進めながら自分で学習していくスタイルですが、カリキュラム内での分からない箇所の質問などは現役エンジニアに行うことができます。基本的にチャットツールを通じて質問する形式で、現役のエンジニアが都度質問に回答してくれます。やはり経験豊富なエンジニアが的確に質問に回答してくれるのは心強いと感じます。

専属トレーナーが目標設定や学習の進め方をサポート

TECH BOOSTでは、受講生一人一人に専属のトレーナーがついてくれて、2週間に1回ほどメンタリングを実施してくれるようです。メンタリングの内容としては、学習の進捗状況の確認や、受講終了までの目標に対して、どのように学習を進めていくべきかをアドバイスしてくれるようです。初心者がプログラミングを学習していると、学習が思うように進まずに不安になってしまいがちなのですが、そうした場合も専属トレーナーが的確にアドバイスしてくれるとのことです。

提携企業が多くあるため、転職の企業紹介はたくさんしてもらえそう

TECH BOOSTを運営するBranding Engineer社は、プログラミングスクール以外にも、エンジニア向けの転職支援サービスやエンジニアの独立支援を行うサービスを展開しています。”エンジニア”を対象にしたサービスを複数展開していることもあり、エンジニアを求めている企業との繋がりは他のスクールよりも多いだろうと想像できます。スクール卒業後の転職支援では、多くの企業との繋がりを活かした紹介はしてもらえそうな印象があります。

TECH BOOSTの微妙な点

カリキュラムがシンプルすぎる

カリキュラムの一部を見せていただきましたが、自分が通っていたTECH::EXPERTのような充実した学習カリキュラムではありませんでした。自走エンジニアを目指して、敢えてシンプルで解説の少ないカリキュラムにしている可能性が高いですが、自分としてはTECH::EXPERTのカリキュラムを経験しているだけに、TECH BOOSTの学習カリキュラムの充実具合には、正直不安を覚えてしまいました。

通学はコースなし。基本に学習は1人で

TECH BOOSTでは学習は基本的に1人で自分で進めます。受講生が毎日通えるような教室はなく、通学コースもありません。自宅やカフェ等で自分で1人で学習を進めていきます。必要な場合は、提携している渋谷のコワーキングスペースを使って学習ができるそうです。ただ、毎日通学等はなく自分1人で学習を進めて行く必要があるので、1人での学習や自己管理が苦手な方にとっては少し大変かもしれません。(僕の場合が、1人での学習が苦手なので。。)逆に通学の必要がないので、社会人の方で通学はできない方にとっては好都合と言えるかもしれません。

基本はオンライン上での質問なので回答まで時間がかかる

希望に応じて、対面での質問も可能ではあるようなのですが、基本は全てオンラインでの質問・回答が基本のようです。自分はTECH::EXPERTで、すぐに対面で質問できる環境で学んでいる経験があるので、オンラインでの質問しづらさやレスポンスのスピードに時間がかかってしまいそうなのが気になりました。実際にどの程度のスピード感で回答してくれるのかは受講していないので不明ですが、少し時間がかかってしまう等の場合は、若干ストレスになってしまいそうな印象を持ってしまいました。

スクール立ち上げてから間もないため、学習ノウハウや転職実績が少ない

TECH BOOSTは、TECH::CAMPやWEBCAMP等に比べると後発のプログラミングスクールということもあり、受講生の実績や指導のノウハウも、まだまだ少なかったり体系化されてない印象がありました。良く言えば、受講生に合わせて、臨機応変にカスタマイズや対応してくれるという面はありますが、スクールの核となる”強み”や”仕組み”を構築している段階のように感じ、AIやブロックチェーンのコースがあるのは良いものの、今受講したいとは残念ながら思いませんでした。今後のアップデートに期待です。

AIコースやブロックチェーンコースなど、コースがあり過ぎてどれを受講すべきか分かりづらい

一番ネガティブに感じてしまったのは、コースが色々あり過ぎて何を受講すべきなのか分かりにくく、TECH BOOSTで学べることの”強み”が何なのかが分からなかったことです。もちろん受講前にヒアリングしてくれて、受講生に合わせたコースをオススメしてくれるとは思うのですが、TECH BOOSTだからこそ身につくことがかなりあやふやで、「TECH BOOSTでなくても他スクールでも良いのでは?」と感じてしまいました。多くのコースがあるのは魅力的に映る反面、一個一個の学習カリキュラムのクオリティの担保が難しくなるように感じてしまうのと個人的には思います。他のスクールであればほとんどの場合明確に「Rubyを学ぶスクールです」「Javaを学ぶスクールです」と分かるので、TECH BOOSTにもそういった明確な方針があると受講したいと思えるかもしれません。

興味がある人は無料カウンセリングで判断しよう

僕が無料カウンセリングを受けた限りでは、TECH BOOSTで学びたいと思える要素がありませんでしたが、当然人によっては魅力的に感じる人がいると思います。僕の意見は参考程度にして頂き、少しでもTECH BOOSTに興味があるのでしたら、無料説明会に参加してご自身で判断してみてください。無料カウンセリングはこちら