【年収公開】テックキャンプ(旧テックエキスパート)卒業後の転職時の年収!

僕がテックキャンプ(旧テックエキスパート)エンジニア転職に通って、 未経験からエンジニア転職した後の1年目の年収は350万円でした

2年目は昇給し、年収は384万円にアップしました。

ただ、決して高い年収とは言えないと思います。

「エンジニアになったら高年収!」みたいなのは、ある程度の経験を積んだ後に優良企業に転職できた場合や、フリーランスで独立できた場合です。

「未経験でもエンジニアになったら年収がアップする!」と思っている人は気をつけましょう。

エンジニア1年目の年収は350万円、2年目は384万円

下記は、2年目の年収が記載された源泉徴収票です。

最大9万円割引のキャンペーン実施中!※2020/9/30(火)23:59まで

この4連休がラストチャンス!

2020年9月30日(火)23:59までの限定で、最大9万円のキャンペーンを実施中です!

最大9万円のキャンペーン内容

  • テックキャンプエンジニア転職/デザイナー転職が対象

  • 期間内に無料カウンセリングにお申し込み頂いた方全員対象で受講料を割引

    • ※2020年10月31日(土)までに受講申込(エントリー)を行った方、受講開始後14日間全額返金保証を使用しなかった方が対象

  • -テックキャンプ エンジニア転職の無料カウンセリング参加時に、担当カウンセラーが指定した条件の投稿を満たす、投稿内容を確認できた方

    • プログラミング学習で挫折したエピソードをハッシュタグ「#プログラミングで挫折した」「#テックキャンプで再挑戦」と一緒に
      ご自身のTwitterアカウントでツイートしている
  • TECH CAMP本受講時に、TECH CAMP運営より受講料から現金5万円割引
  • 受講完了後、本ブログに体験記の執筆にご協力いただいた方には、Amazonギフト券を最大4万円プレゼント

最大9万円のキャンペーンは、2020年9月30日(火)23:59までに無料カウンセリングに申し込んだ方が対象です。 本受講した場合のみ、キャンペーンが適用となります。

最大9万円割引のキャンペーンへの応募方法

最大9万円割引のキャンペーンへの詳細な応募方法は、下記のボタン・リンクよりご確認ください。 他のサイト・ブログ経由で申し込みした場合、最大9万円のキャンペーンは適用されませんので、ご注意ください。

※最大9万円のキャンペーンは2020年9月30日(火)23:59に終了いたします。ご了承ください。

 

僕がエンジニア転職時に感じていた不安・疑問

この記事では、未経験からエンジニアになりたいけど、「未経験からだと年収下がりそう」「下がる場合、具体的にどの程度なのか知りたい」と不安を持っている方に向けて、僕の転職後の実際の年収を公開しながら、未経験からエンジニア転職するにあたっての年収の相場についてご紹介します

  • 「未経験だと年収は転職時に下がってしまうの?」
  • 「未経験からのエンジニア転職の年収の相場が知りたい...」
  • 「転職活動時に、どの程度の希望年収を言えば良いのか分からない」

エンジニア転職後の年収は350万円(前職の営業時は440万円)

前職を辞めて、実際に未経験からエンジニア転職した現在の年収は350万円です

金額は高くないけど、勉強させてもらいながら、新卒時の金額に戻ったと考えたら妥当かな」という印象でした。

贅沢しなければ、生活に困ることはない金額なので、特に大きな不満はないです。

ただ、27歳という年齢に対してみると年収350万円は、同年代に比べて下回る印象はあるので、これからもっと年収を上げたいな、という気持ちは強いです。

逆に400万とかだと、就職先の企業の期待値と自分の実際の実力レベルに差があっただろうな、とも感じるので、350万円はやはり妥当だな、という感じです。

年収350万円以下が多数。年収400万円超えは少数派。

 テックキャンプ(旧テックエキスパート)エンジニア転職を受講中にキャリアカウンセラーの方に、 受講生の転職時の年収はどのくらいの人が多いのかを聞いてみたのですが、大半の人は300万円〜350万円が多いそうです

年収が300万円後半の人の割合は少なく、300万円後半の人は、他の人に比べてスキルが高かったり、スクール以前に多少、経験があったりする方が多いようです。

ただ、中には400万円超えの方もいらっしゃるようで、そうした方は、未経験ながらに、エンジニアとしてのポテンシャルをアピールできているのだろうと想像します。

キャリアカウンセラーの方のお話や未経験でエンジニア転職した人の話を聞いていると、多くの人が300万〜350万円、350万〜400万は少数派、いきなり400万円以上はスゴイくらいの認識が合っていると思われます。

エンジニア転職は、最初は年収ダウンの可能性が高い

 僕の場合、前職の退職時の年収が440万円で現在の年収が350万円なので、90万円ほど年収がダウンしていることになります。

自分のやりたかったエンジニアに転職できるとはいえ、年収が100万円近くダウンすることは、大きなことです。

例えば現在年収400万円以上の方が、「未経験からエンジニアに転職したいけど、年収は下げたくない」という気持ちなら、ちょっとエンジニア転職は考え直した方が良いかもしれません。

「年収はダウンする可能性があるけど、それでもエンジニアになりたい!」くらいの気持ちでないと、エンジニア転職は上手くいかないかもしれないです。

「最悪、アルバイトかインターンで月20万円くらいもらえたら良いかな」くらいの気持ちが良いでしょう。

入社後に年収の大幅アップを期待しすぎてはいけいない

 これまで、未経験エンジニアの年収の実態と年収ダウンの可能性があることをお話してきましたが、未経験だからと言って、面接時に自分を安売りしすぎるのは違うかな、と思います。

理由は、給与査定は、ほとんどの会社で年1〜2回しかなく、スキルが上がったからといってすぐに年収が大幅に上がるとは限らないからです。

エンジニアは、営業のように目に見える売上などの数値としての成果をはかりずらく、たとえ企業に入ってスキルを伸ばしたとしても、それが年収アップに繫がる形できちんと評価されるかどうかは分かりません

評価基準が正しく定まっていない会社や評価する人がポンコツだと、スキルが合っても評価されない可能性があります。

エンジニアとして年収をアップさせたいのであれば、確実なスキルを身に着けて、転職や副業をするのが手っ取り早いです。

最初に入社した時の年収から大幅にアップさせることは、容易ではないことを十分に考慮しておきましょう。

入社から1~2年くらいは最初の年収からあまり変わらない、くらいのことを想定して、転職活動時に希望年収を伝えておきましょう

未経験からエンジニアになった方の年収についての意見

※キャンペーンは2020年9月30日(火)23:59に終了いたします。ご了承ください。

年収は「企業の給与水準」 × 「エンジニアとしてのポテンシャル」 × 「交渉力」で決まる

f:id:h2meo:20190123232050j:plain

ある程度高いスキルがない限り、最初から400万円以上といった年収をもらうことは難しいです。

とはいえ、できる入社時点で可能な限り高い金額の給与をもらうためには、下記の3つの要素が重要になってきます。

 

  • ①転職先企業の給与水準
  • ②エンジニアとしてのポテンシャルのアピール
  • ③面接時の年収の交渉力

3つの中でも、①の要素が1番大きく年収に影響するのですが、転職先の企業の従業員のそもそもの年収がどの程度なのか、という点は、入社時の年収に大きく関わってきます。

簡単な見極め方でいうと、その企業の新卒の年収がどの程度かという点が1つ目安になります。

未経験からエンジニアになることは、企業側からすると「新卒を受け入れる」という感覚に似ており、企業側としては、新卒の年収が未経験の転職者を受け入れる時の1つのベースになります。

新卒社員がどの程度もらえるのかを採用サイトなどから把握しておき、それを考慮した上で自分なら+αでどの程度はもらえそうか、ということを考え、 自分の希望額と折り合いをつけながら、面接時に希望金額を伝えるのが、かなり現実的です。

あとは、自分がエンジニアとして活躍できるというアピールを、勉強している内容や 自分で作ったポートフォリオを見せることで②のエンジニアとしてのポテンシャルをアピールすることが重要です。

1~2か月などの、より短期間である程度難易度の高いポートフォリオが作成できれば、エンジニアとしてのポテンシャルを大きくアピールできるのではと思います。

また、③に関しては、上記の①と②を考慮し、自分の前職時の年収金額などを提示しながら上手く交渉することが必要です。

例としては「前職では440万円の年収で、前職の新卒時は年収360万円でした。エンジニア未経験ということで、年収は下がると思っています。ただ、前職の経験からチームでプロジェクトを推進していく力は活かせると思っているので、年収は380万円を頂けると嬉しいです。」といった具合です。

ポイントとしては、前職の年収を引き合いに出し、それよりは下がるという点を考慮しながら、前職の経験をアピールすることかなと思っています。

年収が多少下がる部分は、自分自身から譲歩しながらも、あまりに低い年収にならないように交渉することが大事だと思います。

単純に「380万円希望です」と言うと、「未経験なのにそんなに金額は出せない」と思われてしまうかもしれませんが、前職の金額を引き合いに出しながら交渉できれば、低くない希望年収の金額が通るかもしれません。

ちょっとしたテクニックではありますが、入社後に年収を上げれるとは限らないことを考えるとできる限り、入社時の年収は高いに越したことはありませんので、 自分の希望額と受ける企業の給与水準を考慮しながら、ギリギリの年収ラインをさぐって交渉してみましょう!

ただ、希望年収が高すぎると落ちてしまう可能性も考えられるので、仮に落ちてしまっても「あの年収で無理なら行かないわ」と思えるラインを考えて交渉してください。

【追記】1年で年収が約35万アップし、年収約384万円に!

f:id:h2meo:20190123233054j:plain 転職当初は年収350万円でしたが、1年後の査定で年収が384万円にアップしました!

月3万円ほど給与がアップしたことになります。そこそこ上がった方かな、と思っています。

来年の査定ではもっと年収上がるように、これからも地道に頑張りたいです。

最大9万円割引のキャンペーン実施中!

最大9万円のキャンペーンを実施中!この4連休がラストチャンスです。

キャンペーンは、9/30(火)23:59に終了します。ご了承ください。

最大9万円割引のキャンペーンへの応募方法

最大9万円割引のキャンペーンへの詳細な応募方法は、下記のボタン・リンクよりご確認ください。 他のサイト・ブログ経由で申し込みした場合、最大9万円のキャンペーンは適用されませんので、ご注意ください。

※最大9万円のキャンペーンは、9/30(火)23:59に終了します。ご了承ください。