27歳未経験でエンジニア転職した元営業マン

アルバイトで半年間をドブに捨てた後、2ヶ月でエンジニア転職した記録

エンジニア転職で無料Java・有料Rubyスクールどちらが良いか

f:id:h2meo:20180821015423p:plain

 

こんにちは、あだちマンです。

よくスクールの選び方について相談を受けるのですが、最近はスクールの数が膨大に増えてきました。 僕がよく相談を受けるのは、未経験からエンジニア転職目的の場合、受講料がかからないJavaを学ぶ無料スクールと30万〜40万円ほどするRubyの有料スクールのどちらがよいか、という点です

僕は「どのスクールに行くべきか」を聞かれた場合には、その方の希望や置かれている状況に応じて、 どういう種類のスクールがオススメかを判断して、アドバイスするようにしています。

そこで、今日は未経験からエンジニア転職する場合に「無料と有料スクールのどちらに通うべきか」という点に関して、 自分が想定した3パターンの状況に応じて、オススメのスクールがどちらであるかをご紹介したいと思います。

無料・有料のスクールビジネスモデルの違い

無料スクールのほとんどは、受講生が企業に就職に成功した際に、成功報酬として、企業側からお金をもらうため、受講生からはお金をもらっていません。 いわゆる転職エージェントと同じビジネスモデルですね。

一方の有料のスクールの多くは、まず受講生から受講料をもらい、受講生がスクール経由で転職が成功した場合には、無料スクールと同様に企業側からもお金をもらっているケースが多いです。

では、なぜ同じスクールでも受講生にとって無料と有料の差が出てしまうのでしょうか。 Rubyの有料スクールでも、無料スクールが出てきても良いのではないかと思う人もいると思うのですが、この理由に関しては、僕の中で1つ仮説があります。

RubyとJavaでなぜスクールに有料・無料の差が出るのか

僕の仮説は、「Javaを扱うSler系の企業は、未経験でも積極的に採用する企業が多いが、Rubyを扱うWeb系は、全くの未経験の採用に積極的ではない」というものです。 Javaを扱う企業の求人数は非常に多く、育成する前提で採用するので、中途でも未経験から入社できる企業が多数あります。 一方で、Rubyは、Javaを扱う企業に比べて、未経験者を採用している企業が少ない上、そもそもの求人数が多くないです。 Rubyを採用している企業は比較的、WEB系の企業が多いのですが、WEB系の企業の場合、Javaを扱うSler系の企業に比べて、手取り足取り研修をしてくれることは少なく、どちらかというと、 大学でプログラミングを勉強していたり、大学で学んでいなくても自分で勉強していたり、サービス開発を行っていたような人を求めている傾向にあります。 つまり、Javaを扱う無料スクールは、未経験からでも採用されやすい企業が多いので、受講が無料でも企業側からお金を回収できる可能性が高く、 一方のRubyを扱うスク−ルは、Rubyを扱う企業への入社難易度がSler企業に比べて高いので、必ずしも受講生が就職できわけではなく、企業からお金を回収できない可能性があるので、 最初に受講生から受講料をもらうビジネスモデルになっているのでは、と考えています。

【ケース別】無料Java・有料Rubyスクールのどちらが良いか

①WEB業界に行きたいなら有料のRuby(Rails)スクールがオススメ

もし、あなたがエンジニア転職でWEB業界への転職を希望するなら、僕は有料のRubyスクールをオススメします。 それは、WEB業界では、Ruby(Rails)を採用している企業が多いからです。 Web系の中でも、特にベンチャー系の企業で採用されていることが多いと言えます。

これは、Rubyのフレームワークとして広く使われているRailsが、小さいチームで新規アプリケーション開発するのに非常に優れているからです。 有名なところでは、Twitterや食べログもRubyで作られているサービスで、Web業界ではここ数年で非常によく採用されるようになった言語です。

Rubyを学ばないとWEB系の企業に行くことができないわけではなく、未経験からJavaやPHPを学んでWeb業界に行ける方もいらっしゃいます。 ただ、ここ数年のWebベンチャー業界の動向をみていると、やはりRuby(Rails)で新規サービスを立ち上げていることも多いので、 スクール経由だけの応募ではなく、自分で応募するケースを考えると、Rubyを学んだ方がWeb業界に行ける選択肢が広がるだろうと思っています。 やはりWeb業界に行きたい人にはRubyのスクールがオススメです。

②希望の業界がなく、金銭的な余裕がない場合は無料Javaスクールを有効活用

特に業界や企業に強いこだわりがなく、「とにかくエンジニアになりたい!」という方で、金銭的事情で、30万〜40万円の有料スクールに通うことが難しい方にとって、 無料スクールを受講してエンジニア転職を目指すのは、非常に有効な手段だと思います。

自分は当初、無料のエンジニアスクールは、無料であるがゆえにカリキュラムや転職支援があまり充実にしていないと思っていましたが、 決してそんなことはなく、学習カリキュラムも充実していて、プロのエンジニアが指導してくれ、かつ転職支援も専門のカウンセラーの方が非常に丁寧に対応してくださるようです。

無料ということで、怪しく思ってしまいがちですが、あくまでスクール側は企業側からお金をもらうというビジネスモデルなだけであり、受講料が無料とはいえ、スクールとしても、受講者が企業から採用されない限り、お金を得られないので、当然ながら学習指導や就職支援が充実しています。

特に行きたい企業や業界がなく、エンジニアとして、幅広い業種・企業への就職を検討されている方にとっては無料のJavaスクールは、良い選択肢だと思います。

注意点としては、Javaのスクールに通うと、高い確率でJavaを扱う企業に就職することになるので、比較的PHPやRails求人が多いWeb系の企業には、若干行きづらくなる可能性があります。 Javaを扱うスクールは、紹介求人のほとんどがJavaを扱う企業のため、そもそもWeb系の企業の求人が少ないことが想定されるからです。

また、スクール経由で転職活動を行わないといけない、という制限がかかる可能性があるので、事前に確認しておきましょう。

これらの点に十分に考慮した上で、無料のJavaスクールを選択すれば後悔することもないと思います!

③希望の業界がなく、金銭的に余裕があるなら有料のRubyスクールがベター

Sler系・WEB系のどちらの業界でもよく、有料スクールの受講料を払って生活できる程度の金銭的余裕があるのでしたら、断然、有料のRubyスクールをオススメします

理由は、Javaを学んで、WEB系の企業に入れるケースがあまり多くないのに対し、Rubyを学んだものの、Javaの会社に入るというケースはかなり多いからです。

実際に、僕が受講してエンジニア転職に成功したTECH::EXPERTの実績がそうで、Rubyを学んだものの、Javaを扱うSler系の企業へ応募できる機会が多くあり、転職成功実績の多くがJavaを扱うSler系の企業です。

「Rubyを学んだのに、Javaを勉強し直さないといけないのはもったいない、、」と思う方もいると思いますが、そこまで気にするようなことでもありません。 スクールで学んだ言語と就職先の言語が違う人は多いですし、むしろ、そうした人の方が多いと思います。 実際にテックエクスパートからNewsPicksに転職されたことで有名な長野さんも、入社後、Javaをガリガリ書いていらっしゃるようです。)

Sler系・Web系のどちらの企業にも応募しやすい、という意味で、特に業界にこだわりがない場合は、有料のRubyスクールをオススメします。

スクールは、自分の志向性と置かれている状況に応じて選択しよう

自分が上記の①〜③のどれにあてはまるか、を考えた上で、無料・有料のどちらのスクールにするか決めてみてください。 どちらのスクールが正解、というわけではなく、志向性と置かれている環境(金銭面)に応じて、自分に合うスクールが変わってくるので、上記の3つのケースを参考に、まずは、無料スクールにするか、有料スクールにするかを考えてみてください。 有料スクールを受講してエンジニア転職を目指す場合は、僕が通って転職に成功したTECH::EXPERTをオススメします。