27歳未経験でエンジニア転職した元営業マン

アルバイトで半年間をドブに捨てた後、2ヶ月でエンジニア転職した記録

TECH::EXPERT 2週間以内の解約 or 転職できなかった場合は全額返金

f:id:h2meo:20180821004655p:plain

TECH::EXPERTは返金保証が充実した安心のスクール

こんにちは、あだちマンです。

今日は、TECH::EXPERTコースの全額返金保証の制度についてご紹介します。

TECH::EXPERTの受講を検討しているけど、下記のようなな不安を抱えている方も多いでのはないでしょうか。

  • 「受講してみて、万が一、スクールが合わなかったら嫌だな」
  • 「思っていたカリキュラム内容と異なっていたらどうしよう」
  • 「カリキュラムについていけるか不安」
  • 「エンジニアになたいけど、そもそもエンジニアに向いているかどうか分からない」
  • 「転職できなかったらお金がもったいない、、」

僕が、TECH::EXPERTを受講した時も、今回ご紹介する返金保証があったので安心して申し込みできましたし、 「最悪、解約すればお金返ってくるし、大丈夫か!」と踏ん切りがつきました。

尚、返金保証制度の内容や利用規約は、随時更新されていく可能性が高いです。 受講の際には、念のため運営側に保証の内容と保証を受けられる条件のご確認をお願いします。

TECH::EXPERTの返金保証の内容と条件は?

TECH::EXPERTの返金保証(返金条件)には、大きく分けて下記の2つの内容があります。

(1) 本サービス受講開始日から14日以内に当社に電子メール又は文書により解約の申し出をいただいた場合(当社への解約申出の到達日を基準とします)

(2) キャリアサポートで紹介された企業との選考の結果、就職又は転職ができなかった場合。但し、当社が別途定める期間内にプログラミング学習を修了し、かつキャリアサポートを利用し6ヶ月が経過したユーザーのみを対象とします。

引用元:TECH::EXPERT利用規約 - 第8条 (返金保証等)-

返金してもらえる内容は、ざっくり言うと下記の2点です。

  • ①受講開始から2週間以内の解約による返金 
  • ②就職又は転職ができなかった場合の返金

この2点について、僕が受講していた頃の経験を元にお話します。

①受講開始から2週間以内の解約による返金

(1) 本サービス受講開始日から14日以内に当社に電子メール又は文書により解約の申し出をいただいた場合(当社への解約申出の到達日を基準とします)

引用元:TECH::EXPERT利用規約 - 第8条 (返金保証等)-

上記についてですが、文字通り、受講開始から2週間以内に解約の申告すれば、受講料を全額返金してもらうことが可能です。 利用規約には、特に退会の理由の制限を設けていないようなので、理由の如何にかかわらず2週間以内であれば解約可能のようです。 実際に僕が受講していた時にも、受講開始から1週間〜2週間の期間の間に2名ほどの方が退会しており、おそらくこちらの返金制度が適用されていたと思われます。(※同期は約15名ほど)

②就職又は転職ができなかった場合の返金

(2) キャリアサポートで紹介された企業との選考の結果、就職又は転職ができなかった場合。但し、当社が別途定める期間内にプログラミング学習を修了し、かつキャリアサポートを利用し6ヶ月が経過したユーザーのみを対象とします。

引用元:TECH::EXPERT利用規約 - 第8条 (返金保証等)-

TECH::EXPERTの転職支援コースの事前選考に合格した方は、学習しながら、就職サポートを受けることができます。 ただ、就職サポートを受けて就職・転職できなかった場合に、返金してもらうには、指定の期限内に学習カリキュラムが終了していることやその他いつくか条件があります。

f:id:h2meo:20180304184019p:plain
TECH::EXPERT利用規約 第8条(一部)

主な条件となるのが、(4)と(5)に記載の学習カリキュラムに関する条件です。

(4) 短期集中スタイルにおいて、以下に該当する場合

・お申し込み期開始後、16日間で本サービス基礎カリキュラムの試験を合格できていない場合。但し、受験回数には限りがないものとする。

・受講開始日より5週間(35日間)で本サービスカリキュラム内「ChatSpace」の作成を終了していない場合。

(5) 夜間・休日スタイルにおいて、以下に該当する場合

・お申し込み期開始後、42日間で本サービス基礎カリキュラムの試験を合格できていない場合。但し、受験回数には限りがないものとする。

・受講開始日より13週間(91日間)で本サービスカリキュラム内「ChatSpace」の作成を終了していない場合。

引用元:TECH::EXPERT利用規約 - 第8条 (返金保証等)-

非常に難しいわけではないものの、簡単ではない、というのがTECH::EXPERT卒業生の僕の印象です。

特に基礎カリキュラムの試験を合格が最初の難関になると思います。

最初の2週間程度でHTML・CSS・Ruby・Railsの基礎を学習しますが、その内容に関する確認テストに最初は苦戦すると思います。 受講開始時点で、HTML・CSSの知識が0の状態の方は、正直かなり頑張って勉強しないと、この試験をパスすることは難しいと思います。 逆に、この試験に合格すれば、次の課題は期間内に終了できる可能性が自然と高くなると思います。 (ちなみに、この試験は合格まで類似の問題を複数回受験できるので、早めに1度目を受験することをお勧めします。)

尚、カリキュラムに関する条件は、スクールの状況によって都度変更になる可能性があります。 受講開始前にスクールの担当者の方に、十分に条件を確認し、スクール側と認識を合わせるようにしてください。

2週間以内に退会した同期は2名ほど

僕が受講していた時は、約15名ほどの同期の中で、2名ほどの方が2週間以内に退会されていました。 退会された方の退会理由の詳細は分かりませんが、僕が推測するに、下記のような退会理由が考えられるのではないかと思います。

  • 「家庭や環境の都合」
  • 「想像以上にカリキュラム内容がハードでついて行けそうにないと思った」
  • 「受講開始2週間以内に、選考受けていた企業から内定先が決まった」
  • 「自分はエンジニアに向いていないことが分かった」

仮に上記が退会した方の理由にあてはまっていた場合、どの理由も退会理由として最もだと思いますし、仕方のないことなのかな、と僕は思います。

まず2週間受講してみて、合わなければ途中解約はOK

僕は、途中退会が悪いことだとは全く思いません。 受講してみないと分からないことばかりだと思いますし、受講してみて違うと思ったら、早めに見切りをつけることは至極当然の選択だと思います。

ただ、本気で未経験からエンジニア転職を目指すのであれば、前述のような仕方のない理由を除き、 TECH::EXPERTを退会することは、非常にもったいないことだと思います。

TECH::EXPERTは、現在数多くあるプログラミングスクールの中でも、トップクラスのスクールだと思いますし、 TECH::EXPERTを辞める ≒ エンジニア転職を諦めることだと思っているので、退会の意思決定を行う場合には、熟考してほしいなと思います。

質の高いカリキュラム & 高い転職実績があるからこその返金保証

これまで紹介してきた「2週間以内の退会時の返金」「就職・転職できなかった場合の返金」ができるのは、 TECH::EXPERTが、質の高いカリキュラムと転職サポートの実績に自信があるからこそだと思っています。

そのため、途中退会や就職・転職できないケースが発生する場合は、TECH::EXPERTのコース自体よりも、受講される方の事情等に問題があるケースが多いのではないかと思います。

そう思うほど、TEHC::EXPERTのカリキュラム・転職サポートは充実しているので、迷っている方は是非応募して、まずは最初の2週間を頑張ってみてほしいです。 無理そうであれば解約すればいいですし。やらない後悔よりもやる後悔、な人生にしたいですしね。