27歳未経験でエンジニア転職した元営業マン

アルバイトで半年間をドブに捨てた後、2ヶ月でエンジニア転職した記録

本音(ガチ)でTECH::EXPERTを評価してみた

f:id:h2meo:20181018005140p:plain

 

こんにちは、あだちマン(@h2tomohiroo)です。

僕は、TECH::EXPERTに通い、完全未経験でスクール受講開始から約2ヶ月でエンジニア転職しました。

最近はネット上のスクール情報が増え過ぎて、実際にスクールには通っていない方のブログ記事も増えていて、本当の情報がどれなのか、分かりづらくなっているように思います。

そこで今日は、卒業生の僕がTECH::EXPERTを本気(ガチ)で評価してみたいと思います。

良かった点・微妙だった点を包み隠さず、全てお伝えします

最近は優良なスクールが数多くあるので、「TECH::EXPERTが一番だ!」とは決して言いませんが、客観的に見ても検討すべきスクールであることは間違いないです。

TECH::EXPERTの最高だった点


  • メンターのホスピタリティがびっくりするほど高い!
  • いつでも質問し放題!
  • カリキュラムの質が高く、学習効率が抜群!
  • 朝11時から夜23時まで教室が使い放題!
  • 就活対策セミナーで自己分析・面接対策の本質が分かる!
  • 仲間がいるので、辞めずに継続できる!

TECH::EXPERTの微妙だった点


  • カリキュラムの進捗が遅れた場合のフォローアップが少ない
  • 質問したいときに、すぐには質問できない場合がある
  • メンター毎に課題通過の判断や実力にばらつきがある

TECH::EXPERTとは?

f:id:h2meo:20181020011015p:plain

TECH::EXPERTは『未経験からエンジニア転職を目指す10週間のプログラミングスクール』です。

プログラミング学習だけでなく、転職活動までの手厚いサポートしてくれるコースです。(※転職を目指していない人でも、TECH::EXPERTコースと同様の内容を受講できます。)

TECH::CAMPが「未経験からプログラミングを学ぶ」ことが目的なのに対し、TECH::EXPERTは『未経験からエンジニアになる』ことに特化しています。

そのため、TECH::EXPERTの学習カリキュラムは、エンジニアに求められる幅広い基礎知識を網羅しており、カリキュラム内容を身に付けることができれば、未経験であっても十分にエンジニア転職できる内容になっています。

TECH::EXPERTはこんな方にオススメ!


  • 短期間で本気でエンジニア転職したい社会人の方
  • 在宅のフリーランスエンジニアになりたい主婦の方
  • Webサービスをつくって起業したい方
  • 就職や転職は目指してないが、本格的なプログラミング学びたい方
  • 未経験だけどエンジニアとして就活したい大学生

TECH::EXPERTの転職コースには

  1. 短期集中スタイル(教室受講)
  2. 週末集中スタイル(オンライン+教室受講)
  3. オンラインスタイル

の3コースがありますが、転職を目指す受講生のほとんどが、①の短期集中コースで約10週間、日曜日以外は毎日渋谷の教室で学習しています

最近は転職コース以外に、下記の2コースも新設されています。

  1. 新卒コース
  2. フリーランスコース

学習カリキュラムは転職コースと全く同じです。

TECH::EXPERTは、”転職”のイメージが強いですが、決して転職コースだけではなく、本気でエンジニアになりたい人のための本格的なプログラミングスクールです。

TECH::CAMPでは物足らない方や、転職目的ではないが本気でプログラミングを身に着けたい方、Webサービスを開発して起業したい方、などにも適しているのがTECH::EXPERTです。

TECH::EXPERTの最高だった点

f:id:h2meo:20181024003538j:plain

①メンターのホスピタリティがびっくりするほど高い

TECH::EXPERTで一番良かった点は、どんな質問に対してもメンターが非常に親切に対応してくれることです。

そのあまりのホスピタリティの高さに、最初は「なんでここまでしてくれるの?」と驚いたほどでした。

TECH::EXPERTには、いつでも分からないことを質問できる『メンター』と呼ばれる方が教室に常駐していて、分からない箇所があると、メンターが自分の席まできて、質問に答えてくれます。(なんと親切な!)

メンターの方は複数人いるのですが、どの方に質問しても、いつも懇切丁寧に回答してくれ、疑問点やエラー解決に導いてくれます。

僕は何度も質問させてもらいましたが、「このメンターさんは、あまり質問に適切に回答してくれなかったな、、」みたいなことは、一度もありませんでした!

逆に「そこまで答えてえてくれるの!?」と思うほど丁寧なので、ちょっとでも気になったり、不安になった点は必ず質問するようにしていました。

まずは『自分で調べて考えてみる』という姿勢は非常に大切なのですが、ある程度調べて分からない場合は、質問したほうが定着具合が断然に早いですし、メンターの方が質問したかったこと以外のことも教えてくれたりするので、結果として知識の定着が早いです。

質問したら、何でも懇切丁寧に教えてくれる環境は本当に貴重で、未経験からエンジニアを目指すには最高の環境だと感じました。

②いつでも質問し放題

f:id:h2meo:20181110141730j:plain

TECH::EXPERTでは、いつでも『質問し放題』です。すぐに質問できる環境は、学習効率を早めるためにこの上なく貴重です。

TECH::EXPERTでは、Web上のカリキュラムを自分で読み進めて、実際にWEBサービスを作りながら、自分でプログラミング学習を進めていきます。

学習の中で、疑問点が出てきた時に、いつでもメンターさんに質問できるという仕組みです。

質問できる回数に制限はなく、文字通り、質問し放題です。

「質問したいときに好きなだけ質問できる」環境はプログラミング初心者にとって貴重で、学習スピードが格段に上がります。

自分で悩んで1~2時間かかったことが、質問すれば3分で解決!なんてことはよくある話です。(独学の場合、1日かかっても解決できない場合なんて、ザラにあります。)

質問し放題の環境は本当に贅沢で、僕はこの環境を最大限活用させてもらいました。

③カリキュラムの質が高く、学習効率が抜群

f:id:h2meo:20181110141036j:plain

TECH EXPERTでは、授業は一切なく、自分で学習カリキュラムを読み進めるスタイルです

「授業がなくて、自分で学習を進められるのか?」と思う方もいるかもしれまんせんが、TECH::EXPERTのカリキュラムはプログラミング未経験者のために非常に分かりやすく作成されているので、そうした心配は全くありません。

基礎から丁寧に解説されているので、最初はカリキュラム通りに丁寧に進めていけば、初心者でも十分に理解できますし、もし分からない点があっても、すぐにメンターに質問できるので何の心配もいりません。

理解が非常に早い方であれば、最初の基礎カリキュラムは、特に何も質問しなくても理解できるのではないかと思えるほど、非常に分かりやすいカリキュラムです。

これほど学習カリキュラムの質が高いのは、これまでのTECH EXPERT(TECH CAMP)運営の中で、何百回、何千回と学習カリキュラムの改善を行ってきているからで、受講生がつまずきやすい点は、カリキュラム内で先回りして解説してくれているなと感じることが多々ありました。

当然、1回で全てを完全に理解することは難しいですが、僕自身、理解が全然進まないといったことは、ほぼなかったです。

TECH::EXPERTのカリキュラムは、日々改善されているので、これからますます質が高くなっていくと思います。

④朝11時から夜23時まで教室が使い放題

TECH::EXPERTでは、毎日、朝11時から夜23時まで教室で勉強し放題です。毎日、朝から夜遅くまでいつでも自習できる環境があることは、家では全く勉強できない僕にとって、メチャクチャ有難かったです。

僕は、勉強したくないなと思う日も無理やり教室に行くことで、勉強せざるを得ない状況を意識して作っていたので、朝から夜遅くまで開いている教室には、大変お世話になりました。

また、僕がTECH::EXPERTを卒業した後に、TEHC::EXPERTコース専用のキレイで広い教室が新設され、学習環境としては申し分ありません(本当に教室がキレイなので、これから受講される方が羨ましい、、)

TECH::EXPERT専用の新校舎!綺麗で最高過ぎる。。 

f:id:h2meo:20180917121209j:plain

 

キレイな教室で朝から晩まで勉強でき、メンターにいつでも質問し放題の夢のような環境は、文句のつけようがないですね。

⑤就活対策セミナーで自己分析・面接対策の本質が分かる

f:id:h2meo:20181110141807j:plain

TEHC::EXPERTに通ったことの一番の恩恵は、効率よくプログラミングを身につけられたことですが、それと同じくらい恩恵を受けたのが、TECH::EXPETの転職サポートの中で受けられる就活セミナーです。

就活セミナーでは、人材系の企業で人事/採用を担当していた採用のプロが、複数回にわたってセミナーを開いてくれ、自己分析・面接対策の極意をワーク形式で教えてくれます。

この就活対策セミナーが非常に役立つ内容で、このセミナーがなければ、僕は希望する企業に未経験からエンジニア転職できなかったのではないか、と思えるほど僕にとって価値ある内容でした。

未経験からエンジニア転職を目指す人の中には、「結局スキルが大事なんでしょ?」と考えている方も多いと思いますが、実はスキルと同じかそれ以上に、企業は『人間性』を見ています。

『自分はどういう人間で、どんなことに価値やモチベーションを感じて、それはどういった過去の原体験からきているのか』といった”人となり”を正確に伝えられないと、希望する企業の内定にたどり着くことは難しいかもしれません。

そうした自分の人間性を、まずは自分が正しく認識する方法(自己分析)と、それを面接で具体的にどう伝えれば良いのか(面接対策)をセミナーでは教えてくれます。

僕はこのセミナーを活用し、プログラミング学習で忙しい中でも、就活対策をしっかりと行ったので、面接で苦労することは、全くありませんでした。

TECH::EXPERTで、就活対策をしてくれたからこそ、未経験からエンジニア転職に成功できたと思います。

⑥仲間がいるので、辞めずに継続できる

僕はプログラミング上達のために最も大事なことは「辞めずに継続すること」だと考えています。

独学では分からないことばかりで、なかなか学習が進まないですし、何より1人では勉強することへの強制力を働かせることが難しく、勉強が嫌になって辞めてしまうことが、プログラミング学習の一番のネックです。

その点、TEHC::EXPERTでは、日曜日以外は教室への出席が必須で、良い意味で強制的にプログラミングができますし、同時期に受講を開始した仲間(同期)がおり、休んだり、進捗が遅いことを同期に知られてしまうのが恥ずかしいという緊張感の中、学習を継続させることができます。

もちろん個人によって理解度や進捗の早い遅いはありますが、諦めずに継続して学習をしていれば、必ず最低限のプログラミングスキルを身につけられます。

挫折しやすい1人の環境ではなく、多くの学習仲間がいるからこそ、時には苦しい学習も乗り越えられますし、その環境がTECH::EXPERTにはあります。

TECH::EXPERTの微妙だった点

f:id:h2meo:20181024003602j:plain

①カリキュラムの進捗が遅れた場合のフォローアップが少ない

TECH::EXPERTでは、カリキュラムをどの程度のペースで進めたら良いかが分かる"進捗目安表"があり、10週間の期限内にカリキュラムを全てやり終えるために、進捗目安表を参考にしながら学習を進めていきます。

もちろんスケジュールは”目安”なので、進められる人はどんどん先に進んで早く終わらせれば、その分、早く就職活動に専念することができるようになります。

本当に早い方は、本来10週間のところ、6週間くらいでカリキュラムを終えられる方もいらっしゃいますが、僕の場合は、スケジュール通りか、若干遅い程度の進捗具合でした。

ただ、目安のスケジュールから進捗が遅れてしまうと、なかなか目安の進捗に戻すことが難しくなってしまいます。僕は一時期、進捗目安から遅れて焦った覚えがあります。

進捗が遅れることの多くは、カリキュラムが進むにつれて難易度が上がることや、それまでの内容の理解度が不十分であることが原因で、一度遅れると、なかなか自分で立て直すことが難しいです。

僕が進捗が遅れたときは、下記を意識することで、なんとか進捗を立て直しました。

僕が進捗が遅れた時に対処した方法


  • それまでの学習内容を振り返って基本知識を再確認する
  • それでも分からなければ遠慮なく、どんどんメンターに質問する
  • 完璧な理解を求めずに、6~7割理解したら次に進む

しかし、自分だけでなく、他の受講生をみていても、進捗が遅れてしまうと、再度追いつくことができない場合が多いようで、自分も含め、進捗が遅い人に対しては別途、フォローアップがあっても良いのではないかと感じました。

もちろん メンターの人数も限られていますし、TECH::EXPERTが「自主的に質問しながら自分で解決できる力を養うこと」を大事にしていることも理解できますが、自身の経験から、進捗が遅れる場合の多くは「何を質問すれば解決できるのか」が分からない状態に陥っている場合が多いのではないかと感じるので、多少なりとも運営側からサポートがあった方が良いのではないか感じました。

②質問したいときに、すぐには質問できない場合がある

f:id:h2meo:20181110141056j:plain

TECH::EXPERTではいつでもメンターに質問し放題の環境ではあるのですが、当然ながら、メンターの人数にも限りがあります。

受講生も多いので、質問しようとした時にメンターが他の受講生の質問に対応していて、すぐには質問できないことがあります。

また、メンターの人は一人一人の受講生に非常に丁寧に対応してくれるので、質問しようと待っていても、なかなか自分の番がこないことがあります。

これは完全に人的リソースの問題なので、ある程度、受講生が我慢すべき点なのですが、是非、TECH::EXPERT運営の方々には、メンターの人数を増やして頂き、これまで以上に、質問したいときにすぐに質問できる体制を整えて頂けると嬉しいなと感じました。

③メンター毎に課題通過の判断や実力にばらつきがある

TECH::EXPERTでは、学習後半に進むと、学習カリキュラム内で課題が出され、その課題を提出し、OKをもらえると次に進めるような仕組みになっています。

ただ、提出した課題が問題ないかどうか判断する人が、毎回同じ人とは限らないので、提出したタイミングやレビューしてくれる人によって、指摘してくれる箇所が違ったりします。

また、質問する時のメンターさんも、人によってプログラミングスキルに違いがあるので、人によっては、質問したことに即答できない場合もあります。

そんなときは、メンターさんの方で調べてから、後で再度、席まできて回答してくれたり、他のメンターさんを呼んでくれて対応してくれるので、不自由に思うことはありませんが、メンターさんのスキルレベルのバラツキがなくなると、もっと良いな、と感じました。

【総括】満足度は95点。個人の取り組む姿勢が大事

f:id:h2meo:20181020135213p:plain

僕は、志望度の高いに企業に、未経験からエンジニアに転職できたのでTECH::EXPERTを受講して本当に良かったと、心から思っています。

TECH::EXPERTを受講していなければ、おそらくエンジニア転職できていなかったでしょう。

もし、TECH::EXPERTの個人満足度を点数で表すとしたら『 95点』です。

本当にエンジニア転職できたという結果、未経験からエンジニアになるための学習環境・転職サポートの全てが整っている点、また、もっと改善できるのではと感じた点を考慮した点数です。

改善点に関しては、本質的には、不便さや不満を覚えるようなことではなく、「敢えてあげるとするならば」といった程度ですし、そういったこともあることを承知の上で受講すれば、不便さを感じるようなことでもないです。

TECH::EXEPRTには、未経験からエンジニアになるための全てが揃っていると思います。あとは、あなたがそれを活用するかどうか次第だと思います

本当に未経験からエンジニアになりたい人は、是非この環境を活用して、自分の夢を実現させてください。受講を悩んでいる人も、まずは無料カウンセリングに参加してみることをオススメします。

 

 

skillhacks

おすすめ記事一覧!