27歳未経験でエンジニア転職した元営業マン

アルバイトで半年間をドブに捨てた後、2ヶ月でエンジニア転職した記録

ポートフォリオがなくても未経験からエンジニアになれる!?

f:id:h2meo:20181023002254p:plain


こんにちは、あだちマンです。

未経験からエンジニア転職を考えている方の中には、「自分の実力を示すためのポートフォリオが必要だ」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

僕は完全未経験からエンジニア転職に成功しましたが、前職は広告代理店の営業職で、エンジニアのスキルは何一つありませんでした。

しかし、エンジニア転職の面接の際には、自分のポートフォリオ等は特に何も提出せずに、エンジニア転職に成功しました。

では、なぜポートフォリオがないにもかかわらず、未経験からエンジニアに転職できたのでしょうか?

今日は、その理由とポートフォリオの必要有無について、僕の意見を紹介したいと思います。

ポートフォリオがないとダメは嘘?

特に、エンジニアやデザイナーなどの専門職の転職において、「ポートフォリオが必要」という事は聞いたことがあると人も多いと思います。

しかし、僕がポートフォリオを提出せずに未経験からエンジニア転職できた経験からいうと、未経験からのエンジニア転職の場合 「必ずしもポートフォリオが必要なわけではない」というのが、僕の意見です。

未経験のエンジニア採用の場合であっても、多くの企業で「プログラミング試験」が存在し、そこでプログラミングの素養やスキルレベルを判断されます。

仮にポートフォリオを提出したとしても、選考の過程において、プログラミング試験は必須で受けないといけない場合が多いです。

ポートフォリオがなかったとしても、スキルレベルは試験で判断されるという意味で、
必ずしも、ポートフォリオが必要ではないと思っています。

ただ、受ける企業によっては、選考に応募する段階でポートフォリオの提出を義務付けられることがあるため、そういった企業では、ポートフォリオが必須になります。

僕が受けた企業では、ポートフォリオが必要な企業がなく、10社ほどの企業に選考応募できました。(もちろん自分の希望する企業を選定した上で)

ポートフォリオがないと選考を受けられない企業もあるものの、ポートフォリオがなくても選考を受験できる企業はたくさんあるので、制作物がなくて選考応募に二の足を踏んでいる人は、そうした企業を探してみましょう。

ちなみに、未経験者が少し勉強して程度では、企業の選考におけるプログラミングテストは難しいです。

大体のテストでは制限時間がありますが、ほとんどの場合、制限時間内で全ての問題を解く事は不可能ですので、自分が解ける簡単な問題を正確に解くことをおすすめします。

自信のあるポートフォリオがあればアピールすべし

ポートフォリオは、元々エンジニアやデザイナーの仕事をしている経験者が転職する場合には、面接の場で大きなアピールポイントになります。

経験者の中途採用においては、特にスキル面を重視した採用方針になる場合が多いので、ポートフォリオを見せれば、多くの場合、面接する側もスキルレベルが判断できますし、ポートフォリオで自分の実力を十分アピールすることができれば、内定をもらえる可能性が高まります。

実際に、僕の知り合いの専門職の方は、ポートフォリオを見せただけで、面接時間15分くらいで内定が出たという方がいました。

もし未経験者であっても、あなたが今のスキルレベルで、ある程度自信のあるポートフォリオがあるのであれば、提出して面接時にアピールすべきでしょう。

その際に、下記のような内容に関して具体的に説明できるようにしておきましょう。

  • なぜそのサイト・アプリを開発しようと思ったのか(動機や原体験)
  • どういう技術を使っているのか
  • 開発の際に気をつけたところ・工夫したところは何か
  • 開発で一番大変だったことは何か、それをどのように考えて解決したか

特に未経験からエンジニア転職する際には、スキル面以上に、その人の”人間性”や”思考性"がみられています。

開発に関してだけでなく、あらゆる自分の過去の言動に対して、「なぜ、自分はそうしようと思ったのか。」ということを深く自分に問うことで、自分という人間の魅力が伝わるように準備しましょう。

ただ、中途半端で、あまり大したことのない制作物しかない場合は無理に提出する必要はないです。むしろ、中途半端なものを提出することで評価が下がってしまう可能性の方が高いでの注意しましょう。

ポートフォリオを提出するかどうかは、「今の自分が自信を持って面接で制作物をプレゼンできるか」ということを判断基準にしてみるといいかもしれません。

"スクールに通っている"という免罪符

ポートフォリオがなくても受験できる企業がある事は事実なのですが、実際のところ、未経験からポートフォリオなして受験できる企業をネットで探しても、そうした企業は、決して多くないのが現実です。

ただ「ポートフォリオまで作成してからの転職活動はハードルが高い」という方にとって、おすすめの方法があります。

それは、「プログラミングスクールに通う」ことです。

プログラミングスクールに通うメリットは、転職活動で受験する企業に対して、
「プログラミングスクールに通っている」という事実をアピールできる事です。

ここで重要なのが、『現時点のプログラミングスキルは関係なく、プログラミングスクールに通っていること自体が評価されやすい』ということです。

独学で学んでいる人が選考を受けた場合、ポートフォリオ等がないと、企業側にとっては、「どんな言語を、どの程度学んでいて、どの程度のスキルなのか?」
ということが不明確であり、後ろ盾がないため、不安に感じてしまいます。

一方で、スクールに通っているという事は、スクールという「ある程度、質が担保されたカリキュラムで学習している」という安心感を印象として与えることができます。

仮にスキル不足があった場合でも、面接官の方が「スクールに通ってまで学ぼうとする姿勢」「これからの伸び代」という点を考慮して選考を進めてくれる可能性が高まります。

結局のところ、未経験であっても最低限スキルが必要な場合が多いですが同じスキルであっても「独学」の場合と「スクールに通っている」場合では、企業側の印象は全く違うといっても過言ではないでしょう。

スクールに通うことで「受けれる企業の間口」が広がる

更に、スクールに通うことのメリットに、「スクール経由で、転職活動を行える」ということがあります。

最近は、多くのプログラミングスクールで、転職活動までサポートしてくれる場合が多く、プログラミングスクールと提携している企業の選考が受けやすくなります。

これは、スクールと提携している企業が「スクールを受講しているプログラミング未経験者」という前提条件を理解してくれていることが大きいと言えます。

これによって、スクールを経由せずに自分で応募した場合よりも、最初の書類選考の段階で落ちてしまう可能性が低くなります。

そのため、独学で自分一人で企業に応募する場合よりも面接を受験できる企業数が圧倒的に増えます。

実は、僕はプログラミングスクールに通う前は、独学でプログラミングを勉強し、
リクルートなどの大手の転職エージェントを利用して、実際に受験していました。

しかし、5つほど転職エージェントに登録し、リクルーターの方に相談していたものの、実際に受験できたのはたったの2社だけした。

理由は、通常の転職エージェントでは、実務未経験のエンジニア案件の絶対数が非常に少なく、未経験で受けれる案件であっても、実は「”特定の言語に関しては”未経験でOK」ということが多く、過去に別言語で実務経験や学習経験がある方を募集していることがほとんどだったからです。

そもそも、リクルートやインテリジェンスなどの大手の転職エージェントに依頼する企業ニーズはスキルのあるエンジニアであると考えられるので、当然といえば当然ですね。

こうした意味でも、通常の転職エージェントではなく、プログラミングスクールに通って、スクール経由で転職活動を行うメリットは非常に大きいと言えます。

スクールに通うことが、未経験からエンジニア転職できる近道

ここまで読んでくださった方は「未経験からエンジニア転職したい」と本気で思っている方だと思います。

そうした方に強くオススメするのは、先ほど紹介したように「プログラミングスクールに通う」ことです。

スクールに通うことのメリットは色々ありますが、独学と比較した場合の最大のメリットは、「学習すべきことを明確にしてくれる」ことだと思っています。

独学だと、「この教材で勉強していて本当に転職できるのか?」という不安が
いつまでの頭に残ってしまい、あれやこれやと色々な学習教材に取り組んだ結果、
何も身についていないという状況になりかねません。(実際に僕がこれでした。)

一方、スクールでは良質な教材で、未経験者が学習すべき内容をコンパクトにまとめてくれているので、それだけに集中して勉強すれば、最低限、選考を受けられるレベルに達するという安心感があります。

そして、実績のあるスクールであれば、多くのスクール受講生が同じ教材を使って、
未経験から転職しているわけで、独学よりもはるかにモチベーションが維持しやすいです。

皆さん、それぞれの置かれた環境があると思いますが、”本気”でエンジニア転職したいのであれば、スクールに通うことを強くオススメします。

ちなみに僕が実際に通ったスクールはTECH::CAMPを運営している株式会社divが開講している、未経験からエンジニア転職したい人向けのTECH::EXPERTというコースです。興味をもった方でスクールに通える方は是非一度、下記から無料相談会に参加してみてください。スクールに通って、根気よく続けていれば、ほぼ間違いなく未経験からエンジニア転職できます。