未経験エンジニアの道しるべ

新聞配達アルバイトの借金生活から2ヶ月で上場企業へエンジニア転職した元営業マン

あだちマンの詳細プロフィール

f:id:h2meo:20181206182343j:plain

 

はじめまして、あだちマンです。

僕は、TECH::EXPERTというエンジニア転職向けのプログラミングスクールに通って、27歳の完全未経験からWeb系の上場企業にエンジニアに転職しました

前職は広告代理店の営業職で、大学も私大の文系出身なので、プログラミングは本当に未経験の状態でしたが、Web系ベンチャー企業にエンジニアとして転職することができました。

ただ、未経験からエンジニアになるまでに、かなりの回り道をしてしまいました。前職を辞めたときは、次の就職先が決まっておらず、半年くらいは新聞配達や飲食店でのアルバイトをしたりしながらプログラミングの勉強をして、転職活動を行っていたのですが、全く上手くいかず、半年間の期間を無駄にしました

そんな経験もあり、本ブログでは、これから未経験から最短でエンジニア転職したい方に向けて、効率的な勉強方法やスクールの選び方をご紹介していければと思っています。少しでもお役に立てれば幸いです。

あだちマンって誰?

あだちマンの経歴を簡単にまとめました。

ちなみに「あだちマン」の名前にしているのは、漫画タッチで有名なあだち充の大ファンだからです。

あだちマンの経歴・スペックまとめ

経歴まとめ
  • 四国の田舎出身。
  • 高校は地元の進学校に進学するも、学年下から10番の落ちこぼれ
  • 1年浪人の末、大学は関西の関関同立に進学(文系)
  • 新卒の就職時はWebベンチャー系ばかりを受験
  • 自社サービスのプロデューサーになりたかったが、営業に配属→ネット系広告代理店の営業職
  • 自分でサービスを作れるようになりたいと思い、エンジニアを志し、約3年ほど働いた新卒入社の会社を退職。
  • 退職後、約半年間は新聞配達や飲食店でアルバイトしながら勉強&転職活動。
  • 転職活動は全く上手く行かず、半年間を無駄に。
  • TECH::EXPERTに通い約2ヶ月で上場企業にWebエンジニアとして内定。
  • 現在、ひよっこRailsエンジニアとして日々奮闘中。
  • 近い将来、海外移住を計画中。(英語力はTOEIC400点くらい)

あだちマンの大学生時代

f:id:h2meo:20181118174400p:plain

大学生時代は関西の大学に通っていました。

普通にテニスサークルに入って、スーパーでアルバイトしていました。

本当に、ごくごく普通の学生でした。

ただ、大学3年生くらいから「このままではいけない」と思って、ちょっと意識高く行動していました。

営業の飛び込み営業のアルバイトをしたり、起業している先輩の元で勉強させてもらったり、

就職活動も早めにやっていたり、割と精力的に動いていたように思います。

あだちマンの広告代理店の営業マン時代

f:id:h2meo:20181118174030p:plain

新卒で入った会社は150人くらいのWeb系ベンチャー企業でした。

新卒研修の終わりに配属部署の希望ヒアリングあったので、僕は自社のWebサービスを扱う部署でプロデューサーになりたかったです。

ただ、希望は叶わず、広告の営業部署に配属されました。

ここから地獄のような、営業時代の大変な毎日が始まりました。

前職退職後、新聞配達アルバイトの暗黒期

f:id:h2meo:20181118174052p:plain

前職の会社の自分の事業部が撤退になったことをきっかけに、エンジニアを目指して前職を退職しました。

ただ、次の就職先が決まっていない状態で辞めてしまいました。

ただ、十分な貯金がないのでアルバイトを開始しました。

その時、貯金が10万円しかなかったので今思うとよく辞めたなと思います...w

某○売新聞の寮に住み込んで、早朝2時〜6時頃まで朝刊の配達をし、夕方15時〜17時くらいの配達を週6日で働いて、手取り12〜13万くらいだったと思います。

今は正社員でエンジニアをできていますが、今振り返ると地獄のような暗黒期間でした。

あだちマンの今

f:id:h2meo:20181118174102p:plain

TEHC::EXPERT卒業後は、上場企業にWebエンジニアとして正社員就職しました。

毎日ヒーヒーいいながら、Railsエンジニアとして頑張ってます。

このブログへの思い

僕は前職で営業マンとして働いている時からプログラミングへの興味があり、 実際にスクールに通っていたのですが、選んだスクールが微妙だったり、継続できなかったりして、約30万円ほどのスクール代を無駄にしてしまいました。

TECH::EXPERTに通ってエンジニア転職できたのですが、それらの失敗は笑い話にできますが、 もしエンジニア転職できてなかったら人生において、かなり致命傷な失敗になっていたように思います。

これからエンジニアを目指す方には僕と同じような過ちをせずに、最短・最速でエンジニア転職してほしいなと思うので、 その具体的な勉強法やスクール選びのポイントを発信していきます。