個人開発をずっとやりたいと思いながらも、どういうプロセスで進めれば効率的なのか、イマイチ分からなかったので、自分なりに調査し、まとめてみました。

随時、更新していきます。

個人開発の流れ

1.アイディア出し/選定

仮設

  • 英語を話すためには、自分だけの英作文を作成することが有効である。
    • 英語の日記を書くことが推奨されているので、仮設は正しいと言える。
  • 単語アプリは無限にあるが、自分の英作文を作り、覚えるためのWebアプリはない。
    • Evernoteなど、代替できるノートはあるが、英語専用ではない。
      • 実際に自分自身が探しているほしいアプリだが、どの程度ニーズがあるかは不明。
  • インフルエンサーが学習方法に共感し、広めてくれれば、ユーザーはお金を払ってノートを買う。
    • どういう価値を感じて、ユーザーがお金を払うのか、がまだイメージ・言語化できていない。

自分の開発サービス

  • memomer.com
    • 英語の学習ノートアプリ
      • 英語を話すための英作文を行い、ノートに蓄積できる
      • 自分独自の暗記カード・フラッシュカードが作成できる
      • 自分のノートを他人に共有・販売できる

2.サービス設計/MVPの策定

MVP キャンパスの雛形シート

MVP Canvas

僕の作ったMVPキャンパス

実際に自分で書いてみたMVPキャンパス

僕の作ったリーンキャンパス

僕の作ったリーンキャンパス

考え方が参考になった記事

個人開発でMVPのために参考にした記事

3.手書きで画面のラフスケッチを書く

機能の洗い出し

マインドマップで整理
  • ログイン機能(Twitterログイン・OpenID)
  • 検索機能(ElasticSearch)
  • フラッシュカード作成機能
  • SNS(Twitter)共有
  • 他人による書き込み・添削機能
  • ノート購入/販売機能(Stripeでの決済)

4.サービス名決定/ドメイン取得

サービス名

  • memomer(メモマー:メモをする人)

ドメイン名

  • memomer.com

5.マネタイズ/マーケティング

マネタイズ

  • ノート・教材のデジタル販売
  • ユーザーの定額課金
  • フラッシュカード機能の課金

マーケティング

  • 自分で発信
    • Twitterでの発信
    • Youtubeで自ら発信
  • SNSでの英語インフルエンサーへ依頼
    • Twitter
    • Instagram
    • Youtuber
  • サービスローンチサイトに投稿
    • ProductHuntに投稿
    • オンラインサロンに投稿

参考記事

6.技術選定

7.サイトデザイン

8.本番環境構築・初デプロイ

  • ドメイン設定
  • SSL設定

9.モデルなどの内部設計

10.リリースまでのタスクを整理

タスク・ドキュメント管理ツール

11.フロント/マークアップ

12.モデル設計

13.実装

テストコードの追加

14.実機でテスト

devstage環境構築

15.デプロイフロー確立

16.運用

ユーザーインタビュー

機能追加/リファクタリング

17.KPI・KGI(指標)

  • どの指標が、どうなったら、次にどうするか?

最も参考になった記事

その他参考記事